キャバクラ派遣のメリットとデメリットを3分で徹底解説

haken

こんにちは、マツケンです。
お昼のアルバイトでも「派遣」があるように、水商売にも派遣の会社があります。

キャバクラの派遣会社に登録することで、誰でも派遣で働くことができます。
今日は

  • 通常どおりキャバクラに入店した専属
  • キャバクラ派遣会社に登録する派遣

この双方を比べて、自分にどっちがあっているか確認しましょう。

 

キャバクラの派遣の仕組み

キャバクラ派遣の仕組みの図
派遣会社が契約先のお店に、キャバ嬢を派遣します。

派遣するキャバ嬢は、予め派遣会社に登録しているキャバ嬢です。

派遣キャバ嬢は、お店からお給料をもらうのではなく、派遣会社からお給料をもらいます。
お店に請求する金額(売上)と、女の子への支払い(給料)の差額が派遣会社の利益です。

補足
だいたい1日出勤あたり3000円くらいが派遣会社の取り分になるように、派遣キャバ嬢の時給が決まります。

 

派遣キャバ嬢の時給

派遣キャバ嬢の時給は安くて2,500円高いと5,000円を超えることもあります。

お店によって、派遣料金(お店に請求する金額)が違います。
高ランク(美女)を求めるお店ほど、派遣料金が高く設定されます。

つまり、美女を求めるお店に派遣されれば、時給が高くなり、請求料金の安いお店にしか派遣できない場合は時給が安くなります。
こればっかりは完全に「見た目」による判断です。

派遣で極力稼ぎたいと考えている方は、請求金額の高いお店に派遣してもらえるように、見た目を万全な状態にして面接に行きましょう。

 

キャバクラ派遣のメリット

派遣のメリットを説明している図

シフトの融通がきく

自分の働きたいときに働くことができるし、忙しい時は全くシフトをいれないなど、専属では難しい事が派遣では可能です。

 

営業をしなくていい

出勤の度に派遣先のお店が変わります。
そのため、お客さんと番号交換して営業して、お客さんをよぶというキャバ嬢本来の仕事をしなくていいです。

 

日払いや週払いの会社が多い

専属の場合は1ヶ月毎、あっても2週間毎の給料日です。
それに対して派遣会社は、日払いや週払いの場合が多いので、今現在お金を持っていないという人でも安心です。

 

キャバクラ派遣のデメリット

キャバクラ派遣のデメリットの図

歩合がつかない

専属だと当然のようにある指名バックやボトルバックなどの歩合面が一切つきません。
(まれにドリンクバックが少額つくお店もあります。)

また専属のように、時給が変動することもありません。

 

出勤が面倒

地域により異なりますが、派遣会社の事務所に出勤し、事務所でヘアセットしてからお店に行く派遣会社も多いです。

仕事が終わると店の送迎ではなくて派遣会社の送迎で帰る会社も多いです。

補足
在籍キャストと同じようにお店に直接出勤し、お店の送迎で帰れる派遣会社もあります。

 

時間保障がない場合は、早上がりの対象になりやすい。

もし貴女がお店のママさんだったとします。

  1. 専属で頑張って働いてくれている子
  2. 派遣でその日だけ手伝いにきてもらっている子

お店が暇になった時どっちを先にあげますか?
絶対に②の派遣ですよね。

勤務時間は短くなりがちです。

 

マツケンは派遣キャバ嬢が大キライです。

キャバ嬢という仕事は、指名が中々とれなくて悩んだり、太いお客さんが切れて凹んだり、うまくいかない事も多いでしょう。
それでも自分で何とか頑張って、考えて行動して結果をだし、それに見合ったお給料をもらう。

こんなに難しくて、これだけ楽しくて、これだけ自由で、これだけ歩合面の大きいアルバイトが他にありますか?
僕は知りません。

 

『頑張る』からこそ成長できる。

最初はお金を理由に始めた仕事かもしれないですが、頑張る事ができればお金以外にも自分の身になることは多いはずです。

派遣では、そういった『自己成長』できる要素がないんですよ。

単純にヘルプ席だけついて何も考えずに、内容のない接客をして決められた時間を過ごすだけ。

それで小銭稼いで、はい満足。それがキャバクラの派遣です。

確かにめっちゃ楽かもしれません。

けど自分のためになることも、なにか身になることもなく、ただ自分の時間を小銭に変えているだけ。

 

だから派遣希望の女の子って、とことん仕事意識が低い。

  • できるだけ楽したい
  • 楽して稼ぎたい

そう考えています。
こう言っちゃなんですが、並みの風俗嬢の考え方です。

「頑張ってナンバーワンになろう!」
「指名をとって稼ぐぞ!!」

そんな気概きがいが、これっぽっちもないんです。

専属で頑張る事ができれば、お金もついてきて自分のためにもなる、結果仕事も楽しくなるのに、もったいないな~といつも思ってます。

マツケン
何よりそんな意識の低い派遣キャバ嬢に接客されるお客さんが一番かわいそうや

 

まとめ

キャバクラの派遣をディスりました。派遣会社の人すみません。

これだけディスっておきながら、あれなんですが、姫リクでは幅広いニーズにお応えするために、派遣会社も紹介しています。

  • とりあえず楽したい
  • お金はそんなにいらない

という人には、ピッタリの仕事です。
関西、関東ともに一番稼げる派遣会社をご紹介します。

お気軽にお問合せくださいm(__)m
 

himeriku_profilebanner

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在28歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る