キャバクラの派閥は怖くない!上手な立ち回り3つのポイント

habatutaisyo

こんにちは、にゃみーです(^^)

『さぁ、キャバクラでガッツリ稼ぐぞ!』

そんな風に意気込んで面接に行ったものの、なんだか店内の空気が悪い……?

なんて経験、ありませんか?

もちろん派閥はないに越したことはありません。平和が一番です。

でもどんなお店でも派閥のような雰囲気は多かれ少なかれ感じ取れます。

今日は派閥のあるお店に入店してしまった場合の対処法をご説明します。

 

派閥の種類

  • 給料
  • 勤務条件
  • 立地

などが自分の理想にピッタリで「ここで働きたい!」というお店が見つかったとしましょう。

そんなお店に激しい派閥があったとしても、なんとかうまく立ち回って働きたいと思うものです。

実際、派閥というのは立ち回り次第でどうにかなります。

  1. 新参vs古株
  2. ナンバー争いによる派閥
  3. 黒服の関係による派閥

ざっくり分けて、この3つのパターンがあります。

それぞれのパターンによって、どう立ち回るべきかをご説明します。

 

1、新参vs古株の場合

古株と新人の派閥

やっぱり一番多いのは、古株と新人とでの確執ですね。

テーブルでわからない話題で盛り上がられたり、挨拶しても塩対応だったり。新しく入ったお店でありがちなパターンです。

無言の「早くやめろ」アピールを感じて憂鬱…、なんてことも。

でも、これはある意味、そのお店が待遇の良いお店である可能性も高いと考えられます!

 

いじわるな古株の深層心理

長く働いている女の子たちは、必死に固めた地盤が崩れることが一番怖いのです。

  • 自分達の働く環境や待遇が変わってしまうのではないか?
  • 新しく良い子が入ってきたら長くいる子はクビになるのでは?
  • クビにまでならなくても、出勤調整をかけられて給料が減るのではないか?

新しい女の子への警戒心ゆえにちょっと意地悪になってしまうのでしょう。

古株の子たちが「今の環境が好きだから、荒らさないで!」と警戒するだけ、メリットが多くあるお店なのだと私は考えています。

 

古株のお姉さんに気に入られる事を意識する

そんなお店での立ち回りは、「めちゃくちゃド新人として振る舞う」が、一番効果的でした。

長く働いている女の子にしかわからない話題で盛り上がられたら、

姫子
え、そうなんですかー?その頃まだこのお店に居なかったので詳しく聞きたいです!

 

と、食いつきます。

常連のお客様についた後などに

姫子
○○さんって、よくいらっしゃるんですか?

 

など、古株の女の子が答えやすいものをとっかかりに話していきます。

長い子たちは、「自分達の畑を踏み荒らされる」ことが怖いので、あくまでその場に合わせていくことが大切です。

知らないことを聞いたり、人畜無害であるアピールを続けていれば、数ヵ月で古株との溝はなくなっていきます。

 

新しい女の子同士で固まるのは絶対ダメ

一番してはいけない事は、新しい女の子同士で固まってお店のカラー(雰囲気)を変えてしまうことです。そうなってしまうと、次第にお互いを敵視しあう関係になります。

最初のうちは自分からも積極的に古株へ質問していきましょう(^^)

 

安っぽいプライドは捨てる

他店でナンバーだったとか、別の地域ではどうだったとかの考えは捨てて、そのお店では精一杯「後輩」ぶってください。
売上があるけどトラブルの種だな、と思われたら終わりです。

前のお店はどうであれ、ここではとにかく新米です!という気持ちを持ちましょう。

 

2、ナンバー争いによる派閥の場合

ナンバー争いをしているキャバ嬢たち

更衣室などに貼られている売上表を見てみてください。

  • 上位に特典がある(賞金、ドレスプレゼントなど)
  • 上位と真ん中の女の子の売上差が極端
  • ナンバー1~3の子達の金額差が小さい

これらの条件が当てはまるお店で、熾烈なナンバー争いによる派閥を体験したことがあります。

一見みんな仲良く見えるのですが……、よく見てみるとチームのように分かれていて、それぞれ場内する子が決まっていたり、お客様が競うようにシャンパンをいれたり。

こういうお店は、長くいる子も新しく入った子たちに優しいです。が、それは戦力集めかもしれません。

売上をあげるには、周りを「どう使うか」が重要です。

上位にいる子は、飲める子、喋れる子などを仲間につければ自分の有利に働くことを知っています。

「どっちにつくんだ」と迫られるような状況もあるかもしれません。

そんな場合の立ち回りをご説明します。

 

「仕事をしに来ている」というスタンスを貫くことが重要

どこのチームにも属さないとしても、勝率の高いチームに属すにしても、個人的な思いではなく「お金を稼ぎたいんです」という目的をしっかり提示しましょう。

ビジネスライクな姿勢の子は、それを貫いて損はしません。

売上向上のためにどこかの派閥に入る場合は、あくまで仕事上だけの付き合いに限定しプライベートまで深く踏み込まない事がトラブル防止につながります。

 

3、黒服の関係による派閥の場合

黒服が依怙贔屓しているイラスト

入店すると黒服の担当がつきます。
基本的に、女の子側からは黒服の担当を選ぶことはできません。

  • 担当になった黒服との話し合いで、いきなり他グループと競うような話をされる。
  • 黒服同士の関係がギスギスしている。
  • 担当の子と、そうじゃない子で態度があまりにも違う。

この場合は、ハッキリ言ってお店を変えた方が懸命です。

担当の女の子が好成績だと大入り手当てがもらえたり、逆に担当する女の子の成績が悪いと黒服にペナルティがあるというお店もあり、黒服同士の闘争心や事情に巻き込まれると必要以上にプレッシャーをかけられます。

また、そういうお店は「色管理(黒服に好意を持たせて女の子を扱いやすくする管理方法)」も多い傾向にあると私自身感じています。

  • 黒服同士が「お店のため」に戦いお互いに切磋琢磨している
  • 立場上競い合うけど仲は良い

そんな場合は、黒服と協力して売上向上を目指しましょう!

 

まとめ

  • 古株が仕切っているお店にはド新人の気持ちで!
  • ナンバー争いが激しいお店では、とことんビジネスライクを貫く!
  • 黒服の派閥があるお店は避ける!

いかがでしたか?

色々書きましたが、一番良いのは平和で働きやすいお店ですよね(^^)

では、また♪

 

himeriku_profilebanner

ABOUTこの記事をかいた人

Nyamiy (にゃみー)

文字エーター兼、MC兼、現役キャバ嬢。 十代の頃より都内を中心に繁華街を渡り歩きいつしか業界十年選手に。
お酒は一滴も飲めないが芸能活動の傍ら、夜の世界で磨いたトークスキルが武器。
好きなおつまみはちくわの磯部揚げ。