質問の内容から分かる絶対に稼げない残念なキャバ嬢の特徴

こんにちは。マツケンです。

マツケンラインに色々な質問や相談をいただくんですが、できないキャバ嬢の特徴が質問の内容にモロに表れています。

『こんな質問の仕方をしてくるキャバ嬢は絶対に稼げない。』

今日はそんな質問を紹介し、マツケンの考えを一方的に言うというストレス発散記事です。

 

超絶ざっくりした質問なんです。

「どうやったら指名とれますか?」

とか

「どうやったら同伴できますか?」

とか。
本当に、この一文だけマツケンラインに送ってくるんです。

これってどういう回答求めて質問してますか?

未経験者に話すように、指名の取り方や同伴のイロハを①から長々と説明してほしいのか、それとも別の何か・・ですか?

前者なら該当する記事を一通り読んで、その上でわからないポイントを質問してほしいし、後者ならどういった点でつまづいているのかを具体的に説明した上で質問してほしいんです。

 

それは面倒臭いですか?
面倒臭いからって、もしかして僕にヒアリングすることから求めてますか?

  • あなたの経験は?
  • どういうお店で働いていますか?
  • どんな時に困りますか?
  • 今はどれくらい指名とれていますか?
  • なぜ指名とれないと思いますか?

こんな風に僕から色々聞いて、その上で貴女の質問に回答することを望んでますか??

 

自己中心的すぎるんですよ

こんな質問になっちゃう人って、相手の立場になって物事考える事が極端に苦手な人だと思うんです。

きっとその場の空気を読んだり、気配りも苦手でしょ。
キャバ嬢としてどうこう以前に、これからの人生どのように社会で生きていくのか心配です。

できるキャバ嬢というか、普通の人間だったら、こんな質問になります。

  • 「指名のお客さんに同伴中にこんな口説かれ方をしたんです。・・・・・私はこう返したのですが、怒って帰られました。上手な返し方はありましたか?」
  • 「入店して二か月で、場内指名はとれるのですが、本指名が一本もとれません。原因がわからないのですが、こんな時はどうすればいいですか?」

といった感じ。

相談内容が具体的なんですよ。

『自分の悩みを本気で解決したいから正確に伝えたい』そんな気概きがいが質問から感じとれるんですよ。

マツケン
具体的であればあるほど、僕も回答しやすいです。

 

僕は相談屋じゃなくて紹介屋です。

例えば、結婚相談所が無料の恋愛相談サービスを提供しているとしましょう。

結婚願望の無い人は、無料の恋愛相談だけでも、大歓迎しているとします。

 

その結婚相談所に無料相談だけする場合

普通だったら、

「相談だけになるんですが大丈夫ですか?」

とか、そういう風に言わなかったとしても、そういう姿勢というか申しわけない気持ちになりますよね。

仮に相手が大歓迎でも、僕なら絶対にそうなります。

だって無料相談だけ利用しても、相手に何のメリットもない事は明確なわけですから。お手間とらせてしまってすみませんと、自然とそういう気持ちになりますよ。

 

姫リクでも同じです。

姫リクは紹介サービスがメインで、お店からの紹介料で運営しています。

けど紹介が不要な人でも、仕事の無料相談もドンドンしてもらってOKですよ!という立場です。

だから紹介はいらないけども接客や指名、同伴の相談をしたいという人も、マツケンラインに連絡をくれます。

ほとんどの人は、

  • 相談だけですが・・・・・
  • 質問してもいいでしょうか?

と前置き?ありで、僕が逆に恐縮してしまうほど丁寧かつ具体的な質問をしていただけます。

だから僕も丁寧に返答したいし、自分の利益にならなかったとしても貴女の役に立つなら!と思って頑張れます。

前置きしてくれって言ってるわけじゃないです。

けど挨拶も何もなしに「指名どうやったら取れますか?」って、明らかにアバウトというか適当な質問を投げかけられたら

 

おれはSiriかよ!!

 

って思っちゃうんです。
僕は人間ですからね。

んで、こういう人に限って回答しても御礼もなしに消えていくんですよ。

厳しいかもしれないですが、こんな風に相手の立場や気持ちを考えるだけの想像力を持ち合わせていない人は、キャバ嬢には向いてないかもしれないです。

その人の人間性によるものなので、今更どうしようもない事かもしれませんが、そのままだと間違いなく稼ぐキャバ嬢にはなれません。

指名が取れないのも納得です。

マツケン
僕は

  1. 偉そうな人
  2. 思いやりのない人
  3. ポイ捨てする人

が大っ嫌いです。

 

最後に

正直言うと今日の記事、投稿するかどうかめっちゃ迷いました。

これを読んで、「マツケンは嫌な奴」「相談するのが怖い」と思われるんじゃないかと思ったからです。

誤解しないでくださいね。

僕は嫌な奴ですが、皆さんから相談のラインをいただくのは、めっちゃ嬉しいですよ。

それで僕が的確なアドバイスができれば、その人が次お店を移ろうと考えた時に、必ず僕を頼ってきてくれるから。

  1. そういうビジネス的な下心
  2. 単純に姫リクブログを読んでくれてありがとう!という感謝の気持ち
  3. 人のために尽くす事が最終的には自分のためになるという信念

これらが相重あいかさなり、紹介に繋がらない相談であっても僕は大歓迎なんです。

けど最低限の礼儀とか挨拶ができてなかったり、相手の立場になって物事を考えれない人が、お客さんの気持ちや考えを理解するのって到底出来っこないんですよ。

それをわかってほしくて、今日は断腸の思いで記事を公開しました。

 

お知らせ
ご相談内容をブログで紹介(匿名)し、その記事の中で回答させていただく場合もあります。予めご了承ください。

 

>>次のページは
とびっきり稼ぐキャバ嬢が時給にこだわらない○○な理由

 

himeriku_profilebanner

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在28歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る