キャバクラの給料未払いを3つのステップで簡単解決

こんにちは。マツケンです。

悪質なお店に入店してし、給料未払いで困っているキャバ嬢さん、めっちゃ多いです。

皆さん決まって

「法律的にどうなんですか?」

と質問されます。

働いた分の給料は絶対に払わないといけません。当然です。

けどそんな事はお店もわかってます。わかった上で、お店に「払わない」と言われています。

それで多くのキャバ嬢が泣き寝入りしています。

今日は悪質店舗から未払い給料を徴収する方法をお教えします。

 

どんな理由があれ、給料は支払わなければいけない。

ついこの間もこんな相談を受けました。

「ボーイに付き合ってほしいと告白されて、付き合っていないのに風紀違反で罰金をとられた」

とのこと。

無茶苦茶です。

  • ボーイと付き合った(風紀違反)
  • 退店一か月前に言わなかった。(飛んだ)
  • 無断欠勤した。

こんな風に貴女に非があったとしても、お店は働いた分の賃金を支払う義務があります。

非があっても払わないといけないものを、非がないなら尚更お店は払わないといけないんです。

キャバクラの罰金が違法というのはこちらの記事で詳しく解説しています。

キャバクラの風紀について。罰金支払う必要あるの?ないの?

 

ステップ① 内容証明郵便で宣戦布告。

内容証明郵便のイラスト

内容証明郵便で送ると、送り主である貴女と郵便局がその送った内容のコピーを保有します。

そして相手がその送った手紙を受け取った場合、その証明ができます。

一度店が内容証明郵便を受け取れば、あとあとになって「そんな手紙は受け取っていませんよ!」なんて通用しないんです。

 

内容証明で送るもの

  • これだけ働いたんだから、ちゃんと金払えよ
  • もし払わない場合は、裁判するよ

この二点を書面で伝えます。

テンプレートをご用意しました。
自分の名前や日付を入力しプリントアウトしてください。Wordが見れるパソコンでダウンロードしてください。

内容証明のテンプレート

 

内容証明の出し方

下の4点を準備して郵便局へ行きましょう。

  • お金(1,252円)
  • 印鑑(訂正があったときに訂正印を押すため)
  • 書面3通 (お店に送る分と自分と郵便局の保管用です。全て同じものを準備ください。)
  • 封筒(郵便局で書面を確認してから封をします。封はせずに持っていきましょう。)

どこの郵便局からでも送れるわけではありません。

配達を行っている大きい郵便局からのみ送ることができます。

だから事前に電話で確認してから行きましょう。

 

小手先テクニック

内容証明郵便の取り扱いしている郵便局であれば、どこでも出すことができますが、裁判所構内の郵便局を利用するのをオススメします。

たとえば東京高等裁判所内の郵便局から内容証明を出すと、「東京高等裁判所内郵便局長」と記載されます。

どこの郵便局から出しても同じですが、相手が無知だと「裁判所」の文字が入るだけでプレッシャーを与えることができます。

ほとんどの人間は内容証明なんて送られてきた経験はありません。

ただのハッタリですが意外と効果的です。

内容証明で無視されたら次のステップへ進みます。

 

ステップ② 労働基準監督署に行く。

労働基準監督署のイラスト

過度な期待はせずに、労働基準監督署に行ってください。

ここで給料未払いの相談をしてください。

労働基準監督署からお店へ連絡してくれます。

「このような相談がありました。給料、きちんと払ってくださいね」

とお店へお願いをしてくれます。

※支払わせる強制力は労基には一切ありません。無視されたらお手上げです。

注意事項
労働基準監督署に行く前に、自分で必ずお店に対して給料を支払うよう伝えるか内容証明をだしてください。
貴女が給料を支払うように請求し、お店が断り、それで初めて労働基準監督署が連絡をいれることができます。

お店:「給料払わないよ!」
貴女:「え?マジ?労基たすけて~」

と言っても

労基:「まずは自分で請求してください」

と言われます。

「支払いを求めて、断られた」その事実を明確に作ってから行きましょう。

 

ステップ③ 少額訴訟

少額訴訟のイラスト

最終手段ですが、少額訴訟を検討してください。

訴訟と聞くと大変そうなイメージですが、弁護士も不要で1日で決着がつく簡単な裁判です。

60万円以下の請求の場合しか利用できません。

裁判の費用は請求したい金額によって変動しますが、高くても一万円程度で可能です。

手続きも自分で調べながらできるレベルですが、訴状の修正などで裁判所に3回ほど通うことは覚悟してください。

 

少額訴訟の前に証拠を揃えておこう。

タイムカードのコピーや写メ、それが無ければ審理の日に出廷してくれる店のキャスト友達などいれば十分です。

成績表やメールの履歴など自分の働いた証拠になるものは徹底して集めましょう。

 

①訴状用紙を入手する。

裁判所の受付にいき少額訴訟の手続きをしたいと伝えます。

受け取る際に、書記官に内容を相談することもできます。

ここで訴状の書き方を聞いておきましょう。

 

②訴状を提出します。

相手方(お店やその会社)の住所の管轄になっている簡易裁判所に行きましょう。

  • 訴状
  • 証拠
  • 収入印紙
  • 印鑑

の4点が必要です。

 

③口頭弁論

口頭弁論日が伝えられますので、その日に裁判所に行きます。

  • 訴状
  • 証拠の原本
  • 証人(予め証人申請をしないといけません。)

を持っていきましょう。

 

④判決

十中八九、貴女が勝ちます。

 

少額訴訟の注意点

少額訴訟に勝利しても、お店が貴女に給料を支払うかどうかはまた別問題です。

素直に払ってくれればいいですが、支払わない場合は資産を差し押さえできます。

何を差し押さえるのかは裁判所は探してくれません、自分で指定しないといけません。

訴える前に口座情報(銀行名と支店名だけでOKです)を何とか入手してください。

裁判で勝ったのに差し押さえれるものがわからない状態になり、結局泣き寝入りすることになります。

補足
銀行口座がわからない場合は、お店で使っているソファーや製氷機を差し押さえしましょう。お店は営業できないので効果的です。差し押さえは執行官がします。差し押さえられたものは、後日競売にかけられます。

 

関東の方はキャバクラユニオンへの相談がオススメ

キャバ嬢の給料の未払い問題を解決すべく発足されたキャバ嬢の労働組合です。

キャバクラユニオンのブログ

僕も以前から気になっていたのですが、想像以上に凄かったです。感動しました。動画を御覧ください。

 
もう最後の人なんて、完全に論破されてダンマリ決め込んでます笑
 

 
総勢30人!?こんな人数でお店来られたら営業どころではないですね。ほんとすごい。

キャバクラユニオンの料金
営利目的ではないので利用料金みたいなのはないようですが、利用者は回収額の数パーセントをユニオンに寄付します。
けどこれだけ多くの人が動いてくれているわけですから、利用される方は是非多く寄付してください。
 

まとめ

お店もメンツがあるので、一度払わないと言ったものは、少し交渉したくらいでは絶対に払いません。

大事なのは、裁判をしてでも回収する!その覚悟をしっかり持つことです。

裁判所は判決に至るまでに和解を促します。大抵の場合、お店が折れて給料支払う事になるでしょう。

払わないなら少額訴訟でソファーと製氷機を差し押さえしましょう。

 

姫リクからの紹介で、給料の未払いなどのトラブルは過去一度もありません。

優良店舗のみご紹介していますので、安心してご利用ください(^^)/

 

>>次のページは
キャバクラの体験入店の時にチェックすべき9つのポイント

 

himeriku_profilebanner

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在28歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る