1月の閑散期でも売り上げをキープする6つの接客術

こんにちは、元キャバクラ店長のマツケンです。

あけましておめでとうございます!本年も姫リクを宜しくお願いします。

キャバクラで働いていると、1月の売上の下がり方に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

理由をつけてお客さんをお店に呼びやすい12月に比べて、1月は大きなイベントがありません。

ふわふわとお正月ボケの状態で過ごしていると、ガクンと売り上げが落ちてしまうので要注意!

今回は、1月の閑散期でも売り上げをキープする6つの接客術を紹介します。

マツケン
2021年もキャバ嬢に役立つ情報を届けるで〜!新年からガンガン稼ぎたいキャバ嬢は要チェックや!  

 

1月が閑散期だと言われる3つの原因

どうして1月は12月に比べて閑散期になってしまうのでしょうか?

考えられる3つの原因を紹介します!

 

①お正月で使い過ぎた分を節約しようと考えるから

12月はサラリーマンなら冬のボーナスが支給される上に、忘年会や二次会でキャバクラに行く機会が増えます。

色恋接客で繋いでいるお客さんは、クリスマスイベント等普段よりもお金を落としてくれますよね。

だから、一時的にキャバクラは普段よりも繁盛します。

しかし新年が明けてからも、初売りや帰省などプライベートでお金は飛ぶ一方。

大型連休のタイミングで海外旅行へ行くお客さんも多いので、全てが一段落し落ち着くと

波平
ちょっと年末はお金使い過ぎたな〜〜!

 

と、心理的に節約モードになってしまうんです。

 

②新年始まってから仕事が暫く忙しいから

年末年始は世の中全体が休みモードになりますよね。

波平
この仕事は急いでないし、来年やればいいか〜〜

 

と、期日に余裕のある仕事を来年に回して、年末までにしておかないといけない仕事に時間を割くのは仕事で良くあるパターン。

休みが明けると年末に先延ばした仕事ががっつり押し寄せてくる上に、休みボケで仕事をこなすペースが元に戻るのにも少し時間がかかります。

波平
暫く遊んでる場合じゃない!

 

1月に仕事を優先してしまうのはそれも大きな原因です。

 

③1月には特にイベントがないから

12月であればクリスマスや忘年会、2月ならバレンタインデー、3月は大学生のキャバ嬢がお店を引退する月なので何かしらのイベントがあるので、お客さんもそれを言い訳にしてお店に来れます。

しかし、1月は特にイベントがありません。

その為、

波平
姫子ちゃんに逢いたいから飲みに行くか〜

 

と、純粋な自分の魅力のみでお客さんをお店に呼ばなければいけません。

普段からお客さんとの信頼関係を築いていなければ売上が低迷するのは当然です。

 

1月の閑散期でも売り上げをキープする6つの接客術

閑散期になる原因が分かっても、売上をキープする為に一体どうすればいいのか悩みますよね。

明日から使える6つの接客術を紹介します。

 

①あけましておめでとうの連絡をした後もこまめに営業LINEを送る

あけましておめでとうのLINEは送っていますか?

お店が休みの日にお客さんとLINEをするのって想像しているより地味で根気がいる行為です。

姫子
あけましておめでと〜!昨年は本当にお世話になりました!今年も宜しくね(*´꒳`*)♡

 

こんな簡単なLINEでも数十人、百人に送ってその返事にも返信を返していると一日中お客さんとLINEをしている気分になりますよね。

誰に送ったのかが分からなくなってしまったり、切り上げ方に困ってしまう話も良く聞きます。

しかし、それはキャバ嬢に限った話ではありません。

普段から呑みに行くのが習慣になっているお客さんは、いろんなお店の女の子からあけおめLINEが届いています。

“あけおめLINEを送ってくるその為大勢のキャバ嬢”から脱却する為にも、あけおめLINEをただ送って満足せずに、その後もこまめにLINEを送りましょう。

実はお正月が落ち着いてから、もう一度改めてLINEを送るキャバ嬢はそんなに多くありません。

一度に複数の女の子から送られてきていない分、お客さんも落ち着いて返事が返せますし、「返したつもりになって返事をするのを忘れていた!」お客さんを振り向かせる効果もあります。

波平
姫子ちゃんから連絡がきてるな。この子って本当にマメだなぁ〜…。よし、そろそろ新年の挨拶に姫子ちゃんの顔を見に行くか!

 

と、お客さんに強い印象を残せるんです。

正月が明けてすぐは仕事で疲れやすいので、優しいLINEを送って苦労を労わってあげれば、「この子は俺をわかってくれてるんだ!」と思わせられます。

 

②遅刻せずに決まった曜日にちゃんと出勤する

新年早々遅刻が続いていませんか?

お店全体が暇になりやすい時期なのでモチベーションが低下してしまうのはわかります。

しかし、早上がりさせられたり待機カットされたりしてしまうのは、黒服目線で女の子の出勤態度に問題がある場合が殆どなんです。

女の子の頭数を調整して余分な人件費を使わないようにしているのに、当日電話一本で

姫子
すいません〜、寝坊したので1時間遅れますぅ

 

なんて連絡していると、「この子はやる気がないんだな」と評価が下がってします。

5分でも10分でも遅刻は遅刻なので、出勤態度が不真面目になってきているなら今すぐ改めて下さい。

いつお店にいるかわからないキャバ嬢を指名し続けるお客さんは想像以上に少ないです。

  • 相当顔が可愛い
  • 接客術に長けている

といった特徴でもない限りは、いつでも逢えるキャバ嬢が稼げるのは世の常です。

 

③新しいキャバドレスを買う

新年が明けたタイミングでキャバドレスを数着新調してみるのもアリです。

しかし、ただ新しいドレスを買うだけではお客さんの来店につなげるのは難しいですよね。

姫子
波平さんがミニドレス好きって言ってたから、ミニドレス買ったんだよ〜、いつ見に来てくれるの?

 

と、ドレスを買った理由にお客さんを巻き込んでしまいましょう。

波平
俺が好きって言ったから買ったって…もしかして俺の事?

 

と、お客さんをドキドキさせてしまえるので色恋接客とかなり相性が良いテクニックです。

 

④お客さんの“話したい欲”を刺激する

年末年始に旅行に行ったり、帰省したりといった非日常を過ごしたお客さんは、なんだかんだでその話を誰かに聞いて欲しい欲があります。

友達や職場の同僚にはしにくい話を聞いてあげるポジションになってしまえば、イベントがない月でも関係なく定期的に通ってくれるようになります。

姫子
お正月、石垣島に行くって仰ってましたよね!そろそろお土産話待ってます〜♡笑

 

と、話を聞くアピールをしてあげると実は自慢したい願望があるお客さんには効果絶大です。

お客さんが話をしに来た時は、会話を遮らずに全て受け止めて、なるべくお客さんがその話を長くできるように話が膨らむような相槌を意識しましょう。

波平
いつも俺の話を楽しそうに聞いてくれるんだよなぁ…

 

とお客さんが思えば、営業を頑張らなくてもお客さんの方から話をしに来てくれるようになります。

 

⑤同伴だけでなくアフターにも誘う

お客さんの総数が下がりやすい月だからこそ、今きてくれているお客さんとの絆を深めた方が良いです。

キャバ嬢の方からアフターに誘われるのはお客さんからするととても嬉しい行為。

アフターはキャバ嬢にお金が入らないと知っているからこそ、お金だけじゃない関係なんだと思いたいんです。

とはいえ、

姫子
お店に来てくれるならアフターに行きますよ〜

 

みたいな交換条件みたいな言い方をするのはNG!

お客さんはプライドが高いので逆に怒らせてしまう可能性が高いです。

キャバクラ慣れしていないお客さんの場合、

波平
へ〜〜〜、姫子ちゃんって指名がないのかな?アフターってつまりSEXして良いって事?

 

なんて、足元をガッツリ見られたりもするので、アフターをガッツリ撒き餌に使うのは辞めておきましょう。

姫子
今日お店も暇だし、私の仕事が上がったらちょっと飲み直しません?

 

と、最後までいて欲しいとオブラートに包んで伝えれば、安売りし過ぎずにお客さんとの絆を深められます。

 

⑥お客さんが思わず呑みに行きたくなるような“ウリ”を作る

去年惜しまれながら引退した名古屋のキャバ嬢、エンリケさんはSNSで素のキャラを出した事がきっかけで大ブレイクしました。

エンリケさんは、Instagramを駆使してSNS営業を頑張っただけでなく、シャンパンを直ビンで呑むキャラというウリを作っていました。

シャンパンを直ビンで呑むエンリケ空間は最低10万円がかかる遊びでしたが、10万円払ってでも生でみたいお客さんがたくさんお店に来たから大金を稼げたんです。

LINE営業でお客さんに満足されていませんか?

お客さんの前で素を出さないで過ごすあまり、没個性化してしまっている可能性があります。

顔だけ可愛い女の子だと思われていたら、キャバ嬢としてでなくプレイベートで仲良くなろうと画策されちゃうんです。

キャバ嬢として人気になりたい・お客さんから応援されたいなら、良い子になり過ぎるのはやめましょう。

他のキャバ嬢では代替がきかない存在になれれば1月でも絶対に稼げます。

 

まとめ

今回は、1月の閑散期でも売り上げをキープする6つの接客術を紹介しました。

どれも明日から使えるテクニックなのでしっかり気を引き締めて出勤しましょう。

やる気があるとお店側にちゃんとアピールできていれば、早上がりさせられたり時給カットされたりといった状況にはなりません。

出勤さえできていれば、暖かくなるにつれて客足も戻ってきます。

コツコツと真面目に頑張りましょう!

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

現在自分のお店を持ちたい方も募集中です。詳しくはこちら

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

メンズエステハイルームグループの求人