新人キャバ嬢は要注意!キャバクラで起こる『色管理』の実態

こんにちは、元キャバクラ店長のマツケンです。

新生活が始まって出会いも増えるこの時期、お店の黒服に恋をしていませんか?

キャバ嬢と黒服は同じ職場で働いているので、

  • 生活リズムが合いやすい
  • 職場恋愛気分
  • 仕事上助けて貰えるので尊敬しやすい
  • 悩みも聞いてくれる
  • キャバ嬢という仕事を理解して貰える

と言った点から色恋へと発展しやすいです。

「お客さんと違ってイケメンだし仕事も出来るの!」と、盛り上がってしまう気持ちも分かりますが、黒服との恋は正直おすすめ出来ません。

なぜなら、運命の恋を装った『色管理』の可能性が非常に高いからです。

今回は、 新人キャバ嬢は要注意!キャバクラで起こる『色管理』の実態 を紹介します。

マツケン
色管理をする仕事が出来ない黒服はまだまだ見かける…。新人キャバ嬢が、色管理に騙されへんようにする為に色管の実態を徹底解説するで〜!  

 

色管理とは恋心を利用してキャバ嬢を働かせる行為

色管理とは、辞めて欲しくないキャバ嬢を自分の女にして働かせる管理方法。

キャバクラはすぐに辞めてしまう子が多く、出勤人数の確保は店側にとって永遠のテーマです。

大体のキャバ嬢には担当と呼ばれる黒服がつきます。

担当は担当しているキャバ嬢の売上が上がると出世できます。

  • 毎日出勤を要求する
  • ちょっと面倒なお客さんを付け回しする
  • 売上を上げろと煽る

と、色恋営業をするホストのお店版だと思えば分かりやすいですよね。

要は、本気で付き合ってるんだと信じ込ませてキャバ嬢を利用する悪どい行為なんです。

 

キャバクラで起きる色管理の手口4選

色管理の手口は分かりやすいものから分かりにくいものまで様々。

順番に紹介します。

 

①「本気で好きになった」と伝えてくる

マツケン
お前が本気で好きなんや…!

 

と、二人きりの状況を作って告白してきたり、ことあることにちょっかいをかけてきます。

色管理でよく聞くセリフが『本気で好き』という言葉。

「この恋だけは色管理じゃなくて本気なんだ!」と訴えて、キャバ嬢に信じさせようとしています。

そもそも、恋に本気も嘘もないのでこのセリフを簡単に口にできる黒服は色管理常習犯です。

騙されてはいけません。

 

②「お前は俺を分かってくれる」と条件付きで愛してくる

マツケン
俺もずっと一緒にいたいけど、毎日仕事あるしこの関係がバレたらこれまでみたいにお前の担当じゃいられなくなる…。お前は俺の仕事を分かってくれるから好きやで?

 

色管理しているキャバ嬢と頻繁に出かけてしまうと仕事を頑張ってくれなくなってしまうので、満足させずに飴<鞭の比率で振り回し続けるのが基本です。

満たされていないと相手を神格化します。

条件付きの愛を受け入れてしまうと、

姫子
店長が今日私に冷たかったのは、私が同伴も指名も取れてなかったからだ……。仕事を頑張らないと捨てられる

 

と、常に振り回されるようになります。

仕事を頑張れば振り向いてくれる恋なんて色管理でしかありません。

 

③「仕事だから辛いけど応援してる」という言い方をする

キャバ嬢は仕事でお客さんと連絡をとったり接客で隣に座ったりします。

本当に好きな人が黒服として働いているのに、その姿を見せるのは仕事に身が入らなくなりますよね。

姫子
私が他の男の人と仲良さそうにしててもいいの?

 

と、黒服に詰め寄るキャバ嬢も見かけます。

そう言う時に

マツケン
嫌に決まってるやろ?でも、それがお前の仕事やし、俺はキャバ嬢として頑張ってる姫子が好きやから辛いけど応援してる

 

と、色管理している黒服は返してきます。

現実問題、黒服に養ってもらえるわけでもないので仕事はやめられません。

その部分をうまく突いてきます。

姫子
妬き餅を妬いてくれるってことは、彼も本当は嫌だけど我慢してくれてるんだ…

 

そう勘違いさせて仕事を頑張らせたいだけです。

 

④色管理を疑われると逆ギレ・シラを切る

キャバ嬢の数よりも黒服の数の方が少ないので担当は掛け持ちです。

色管理をする黒服はその手口でうまく行った過去があるから、キャバ嬢に複数声をかけて同時進行で仕掛けるので行動には信じられないポイントが多いです。

姫子
どうせ色管理なんでしょ?

 

と、詰め寄っても色管理している黒服は絶対に認めません。

マツケン
は?それって俺の事疑ってるんか?

 

と、逆切れするか、

マツケン
なんか嫌な事あったん?大丈夫?…あの子はそう言うんじゃないから、俺はお前だけやで?

 

と、シラを切るかの二択です。

行動を改めずその場を乗り切ろうとするのが色管理の最大の特徴です。

 

色管理かそうでないかを見分ける方法

色管理かそうでないかを見分ける方法はあります。

売上が上がってお店からお祝いをもらうとか、店長から褒められるならまだしも

  1. 辞めたいと言ってから急に優しくされる
  2. ボディタッチが多くなる
  3. 二人での食事やホテルに誘ってくる
  4. 「付き合おうよ」と言ってくる

 

以上の項目が当てはまればほぼ『色管理』です。

お店を辞めさせない為の手段なので、色管理してこられた時に

姫子
風紀違反は罰金あるし、周りにも迷惑かけるし、私本気になっちゃうと分かりやすいから隠すなんて絶対出来ないよ。本当に本気ならキャバ嬢やめるけどどうする?

 

と、切り出してみましょう。

マツケン
わかった、お店やめてええで!

 

こういうリアクションが返ってくるなら確かに色管理ではありません。

ただ、キャバ嬢を落とすのが趣味な仕事ができない黒服だったりするのでもっと悪質です。

何かあれば仕事をやめてきたり、ヒモになったりと限りなくダメンズです。

反対に、

マツケン
なんでなん?俺じゃない男が担当になるとか嫌やな…なるべく姫子とは一緒にいたいねん。

 

等、色々いいながらお店を辞めて欲しくない態度が返ってくるなら完全に色管理です。

どんなにロマンチックなセリフを言っていたとしても、自分の出世やお店の売り上げの為でしかありません。

姫子
もしかして色管理してこようとしてるんですか?(笑)周りのキャバ嬢に言い振らしますよ〜w
花子
私本当に色管理とかする黒服嫌いだから、してこないでね。してきたら即担当かえてもらうから。

 

「こいつには色管理は無理だな」と思わせましょう。

 

お店全体で色管理を推奨しているお店で働くのは辞めよう

色管理は、仕事ができない黒服がプライドもなく商売道具であるキャバ嬢に手を出しているパターンがほとんどです。

ただ、全国にキャバクラはたくさんあるので、中にはお店全体で色管理を推奨しているケースも残念ながらあります。

そういうお店はオーナーや店長の女が不自然に優遇されていたりするので、店全体の雰囲気が悪いです。

どんなに仕事を頑張ろうとしても、お金持ちのお客さんは店長と付き合ってるキャバ嬢に回されるんじゃやる気も持続しませんよね。

姫子
あのお客さんうざいからつきたくなーい
マツケン
あのクソ親父俺の姫子にベタベタさわんなよな〜!

 

なんてやってたらお客さんを馬鹿にしてます。

その上、店長の彼女がお店に複数いたら修羅場は回避できません。

  • 女の子同士で仲良くできない
  • 黒服同士での対立・派閥争いが頻繁に起きる
  • 色管理に気づいたお客さんがお店に来なくなる
  • お店全体が暇になる
  • 性病が店内で蔓延しやすくなる

と、デメリットばかりです。

働き始めてお店が色管理店だとわかったら一刻も早く辞めましょう。

 

まとめ

今回は、 新人キャバ嬢は要注意!キャバクラで起こる『色管理』の実態 を紹介しました。

セクハラしてくるお客さんやウザ絡みしてくるお客さんが多い中で、同年代でビシッとスーツを着て働いてる黒服って素敵に見えます。

ただ、その感情は勘違いです。

どんなに好きになってもお店を辞めればうまくいかなくなりますし、付き合ってるとバレた時には風紀問題にもなります。

都合よくお店に働かされない賢いキャバ嬢を目指してくださいね。

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

現在自分のお店を持ちたい方も募集中です。詳しくはこちら

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

メンズエステハイルームの求人