思わず返したくなるキャバ嬢の小悪魔LINE・メールテクニック

こんにちは。元キャバクラ店長のマツケンです。

キャバ嬢の悩みのタネによくなるのが営業時間外に行わないといけないLINE・メールの存在です。

どうして悩むのかというと、

  • そもそも何を話せばいいのかよくわからない
  • メールから来店に繋げるのが下手
  • お金にならずにメールばっかりしてくるお客さんがいる

といった原因があるからです。

とはいえ、お客さんから返事が必ず返ってくるキャバ嬢は来店率も高いです。
キャバ嬢にはいろんなLINE戦術がありますが、小悪魔LINE・小悪魔メールは強いです。

今回は、思わす返したくなるキャバ嬢の小悪魔LINE・メールテクニックについて紹介します。

マツケン
仕事中じゃないのに連絡してくれるキャバ嬢に対して、お客さんは可能性を見出す生き物なんやで。フリーでついたお客さんの連絡先は必ず聞いて、絶対にLINE・メールを送っていこな!

 

お客さんから連絡先を必ず聞き出せる必勝方法とは

「断れるのが怖くてお客さんになかなか連絡先を聞けない!」という悩みを抱えているキャバ嬢は多いです。

最初から連絡先の入った名刺を渡してくれるお客さんならいいですが、中にはキャバ嬢の営業メールがうざいと考えているお客さんもいます。

そういうお客さんの場合、対して距離が近づいていない時に

姫子
よかったら、LINE教えてくださいよ〜

と聞いても

波平
えー、いいよ。俺営業とかされてもお店に行かないし(笑)

と警戒されて話を流されてしまって結局教えてくれません。

 

一度断られると難しい

一度連絡先交換を断られてから信頼関係を築くのはけっこうハードルが高いです。

婚活と同じです。

婚活パーティーでよくわからない男性から「あなたのことが好きです、結婚してください !」って言われても「いや、今あったばかりだし早くない?」って思いませんか?

キャバクラでお客さんから唐突に連絡先を聞き出すのはそれと同じ。

話しているキャバ嬢がどんな子なのかがあまりわかっていないタイミングで、連絡先を教えるのに抵抗があるというのはお客さんにだって全然ありえる感情なんです。

お客さんの警戒心を解くことが大切です。

 

お客さんと自分の共通点を探す

人は共通の話題があると距離が近づいたような気持ちになります。

食事でも、趣味でも、なんでもいいです。

何かの話題にお客さんが食いつきノリノリで話し出したら、なるべく話しやすいようにパスをだしましょう。

時に質問を混ぜるのも良いです。

姫子
◯◯さんって、いつもどの辺で飲まれるんですか?
波平
会社の近くだったりすることもあるけど、割と歌舞伎町が多いかな〜、飲んだ後はラーメン食べて帰るのが俺の中でマイブーム。太るんだけどさ(笑)
姫子
えー!わかります、私もラーメン本当に大好きで、仕事終わりにたまに食べに行くんですよ。どこがおススメですか?

ここでひとしきりラーメン談義をします。

この話が盛り上がってると分かります。

 

連絡先を聞くタイミング

連絡先を聞くタイミングは「質問が続かなくなってきて、少しお互いに静かになった瞬間」です。

その時に、焦って違う質問を投げかけてはいけません。

姫子
えー、もっと◯◯さんとラーメン談義したいんで、◯◯さんのLINEとかって教えてもらってもいいですか?

と言います。

「もっと話したいor聴きたいので、LINEとか教えてもらってもいいですか?」って聞くのがおススメです。

なぜなら質問が続かなかくなるとお客さんも「俺ばっかり話しちゃったな…」って考えていたりすることが多いからです。

そんな時にキャバ嬢から「もっと話したいから」と言われると「彼女もおもしろいと思ってくれてたんだ、よかった」と思いますし、共通点があるキャバ嬢に好印象を持つので断る理由がありません。

 

キャバ嬢の社交辞令(営業)と思わせない工夫

社交辞令に思われないためにも、お客さんよりもテンションをあげて本当に楽しかったと感じてもらえるようにしましょう。

話をしている時は相手の方へと体を傾けて、口角をあげて相手の顔をみつめてあげると(真顔ではダメです)ドキドキしやすいです。

男性は好意を寄せる女性に対し、自分がどんなにすごいのかをアピールしたくなると言われています。

一方で女性は好意を寄せる男性に対し、自分の事よりも相手の事が知りたいと思います。

その関係性を再現するだけで疑似恋愛が成立します。
「この子、こんなに俺の話に興味を持ってくれるなんて、俺のことが好きなのかな?」と、勝手に勘違いしてくれます。

最初から盛り上がれる話題があればそれだけでテンション高く話を進める事ができます。

その後の同伴につなげる営業もかなり楽になるはずです。

 

小悪魔LINE・メールテクニック3選

実際にどんなLINEを送ればお客さんの心を掴むことができるのでしょうか。

ただ、「おはよう」といった男目線でどうでもいいメールや、「お昼ご飯の話」をしてお客さんの心はときめくのでしょうか?

答えはNOです。

小悪魔系キャバ嬢を目指すなら

  • 当たり障りのない文章
  • 好きじゃなければ返信する気も起きないメール

は避けましょう。

実践で使えるテクニックを3つ紹介したいと思います。

 

その1、疑問形でお客さんを褒める

お客さんがなにか自分の為にしてくれた時に

姫子
本当にありがとう!◯◯さんって優しいね〜

という褒め方をするキャバ嬢が多くいます。

何にも言わないよりはお礼の言葉は言った方がいいとは思いますが、このお礼の言い方は色恋営業を仕掛けたい場合にはなんだか脈がないようにお客さんは感じてしまいます。

男は「いい人が女性にとってどうでもいい人だという現実」を知っているからです。

効果的な褒め方は

姫子
◯◯さんってどうしてそんなに優しいの?

という疑問系の褒め方です。

  • 賢いですね
  • 面白いですね

と言われるよりも、

姫子
本当にいつも私の知らないことなんでも知っててすごい、なんでそんなに賢いんですか?
姫子
本当に◯◯さんってどうしてそんなにおもしろいの?笑

という風に疑問形で褒められると、原因を自分で追求する欲求(原因追求欲)がくすぐられるので、「なんで俺は彼女に優しいんだろう?」=「彼女に興味があるからだ」と、そのまま深い好意につながりやすいんです。

 

その2、「なんで○○ってわかったの?」

女性は仲良くなればなるほど会話したいという欲求が高まるのに対し、男性は最初に自分のことを分かってもらえたら、その後は「会話が無くても分かり合いたい」という欲求が高まると言われています。

男は目的(目の前のキャバ嬢を落としたい、やりたい)のために会話を手段として楽しむ生き物なんです。

その為、最初の頃はたくさん話していても、次第にお互いにニコニコしているだけだったりする時間がキャバクラでも増えます。。

そんな関係の時にお客さんをドキッとさせるには、「なんで◯◯ってわかったの?」というフレーズです。

プレゼントをもらった時や、お客さんが来店してくれた時に、

姫子
ずっと欲しかったんだ〜、本当に今日はありがとう!
姫子
今日は飲みに来てくれてありがとう!いきなりでびっくりしたけどうれしかった〜☆

と送るよりも、

姫子
なんで私がこれが好きってわかったの?もう本当に感激しちゃった…
姫子
なんで私が◯◯さんに会いたいって思ってたのわかったの?◯◯さんには言わなくても通じ合っちゃうのかな…びっくりしちゃった…!

と送った方が良いんです。

姫子
なんで私が◯◯ってわかったの?

というセリフは女の子とたくさん話さなくても分かり合える、通じ合えるという願望をくすぐってあげる事ができます。

姫子
なんで私が元気ないってわかったの?誰にもみせないようにしてたのに…
姫子
なんで私が困ってるってわかったの?◯◯さんには隠し事できないんだね。

と定期的に褒めてみてください。

察しないと言われがちな男もキャバ嬢から褒められると同じ事をするようになります。

 

その3、「もし私と◯◯したら・・・」という小悪魔な妄想

小悪魔な女の子は思わせぶりな言葉を使って振り回すのが上手です。

多くのキャバ嬢は

姫子
もし宝くじがあたったらどうする?
姫子
無人島で遭難して、3つ持っていけるなら何をもってく?

みたいな現実では起こらない話を振ったりしてきますが、この話題ではちょっと小悪魔力に欠けます。

 

お互いの関係性について話す

姫子
もし、◯◯さんと私が一緒に住んだら、みんなびっくりしちゃうかなぁ?
姫子
いつもアフターに行かない私が、◯◯さんとだけアフターに行ったらみんな驚いちゃうかも…

といった私とあなたがこうなったらどうする?という想像の話は、男は非常にドキドキします。

「こういう事を言うって彼女も俺の事をどう思ってるんだろう?」と、色恋営業でしていた行動を「この子は本当に俺に惚れているのかもしれない」という信用材料に使うこともあるので、ますます好きになってくれます。

メールでもドキドキさせる事で「もう少しで落とせるかも!」と、来店頻度をあげられる事もあります。

 

まとめ

今回は、思わす返したくなるキャバ嬢の小悪魔LINE・メールテクニックについて紹介しました。

小悪魔なキャバ嬢は男性の心理を良く知っている人がなれます。

お客さんのことを表では心配し、「あなたに気がありますよ」と言う態度をなるべく長い間保てるかどうか。

「手に入りそうで入らない女」であればあるほど、お客さんは追いかけたくなります。

脳内で計算している感情を決して表に出さない人は、小悪魔キャバ嬢になれる素質があると言えるでしょう。

小悪魔キャバ嬢を目指して、思わせぶりなLINEやメールでお客さんをお店へと誘い出していきましょう!

マツケン
小悪魔なLINEを送ってお客さんのハートを狙い撃ちしてこな〜!キャバクラは先に同伴を取り付けもん勝ち、先手必勝や!

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

現在自分のお店を持ちたい方も募集中です。詳しくはこちら

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!