梅雨でも完璧なヘアメイクをする為にキャバ嬢にできる事

こんにちは。元キャバクラ店長のマツケンです。

今年もそろそろ雨の鬱陶しい季節が始まりますね。

梅雨の時はヘアスタイルが決まらないという悩みはありませんか?

「女は髪が命」という言葉もあるように、ヘアスタイルが決まっているだけでどこか洗練されたイメージを周りに与える事ができます。

その位髪が与える影響は大きいですし、自分自身のモチベーションにも影響しますよね。

というわけで今回は、梅雨でも完璧なヘアメイクをする為にキャバ嬢に出来る事を紹介したいと思います。

マツケン
360度どの角度からみても常に可愛いキャバ嬢を目指せば、それだけ指名のお客さんも増えるんやで!

梅雨のヘアメイクがうまくいかない理由

普段と同じように髪の毛をブローしてスタイリングしたはずなのに、雨が降っている中出勤する事でセットが崩れてしまう。

そもそも朝から髪の毛がうねって言うことを聞かない。

その原因は髪のダメージにあると言われています。

髪の表面のキューティクルが剥がれていると、髪の毛の中の水分や栄養分が抜け出てしまいやすくなるので、気温や湿度の変化によってうねりやクセが出たり根元がボリュームダウンしてしまったりと梅雨の影響を強く受けてしまいます。

梅雨で髪がうまくセットできないのはそれが主な原因です。

頭皮にストレスが出やすい

ヘアメイクをキープさせるには頭皮のケアもとても重要なポイントです。

頭皮が弾力を失ってハリがなく、かさぶたやフケといった問題を抱えている場合、ブローのやり方、トリートメントやスタイリング剤だけで改善できる問題ではありません。

実は頭皮はストレスを受けやすいといわれています。

ストレスを抱えていると、睡眠不足になってしまい眼精疲労などを引き起こします。その結果、頭皮内の血管が萎縮してしまい、髪の毛をつくってくれる毛母細胞の栄養が足りなくなります。

それを改善するためには頭皮のマッサージなどをお風呂上がりなどに行うと良いでしょう。

食生活が良質な髪を作るためにはとても大事

バランスの崩れた食生活も髪の質を悪くする原因です。

タンパク質が足りていないと

  • 臓器、筋肉、皮膚、骨や歯、毛髪や爪などが作れない
  • ペプチドホルモンや神経伝達物質を構成できない
  • 免疫機能が低下する
  • 消化酵素などが形成されない

というデメリットがあります。

つまり普段からしっかりと栄養をとり、なるべくストレスを取り除いた生活を送り、頭皮の血行を良くすれば梅雨に左右されない髪の毛を作ることが出来るんです。

 

梅雨対策に欠かせないブローの仕方

梅雨に負けない髪の毛を作るにはブローの仕方だって大事です。

梅雨に負けない髪の毛と頭皮を育てる為に絶対してはいけない事は、ドライヤーをかけずに寝てしまう事。

髪が濡れている時、髪の表面のキューティクルは開いていてとても無防備な状態です。

速やかに乾かさなければ髪の毛の内部から栄養が出てしまったりするので傷みの原因になってしまいます。

ドライヤーもただすれば良い訳ではありません。

髪の毛の質・悩みに合わせてかける必要があります。

髪の毛がぶわっと爆発してしまう悩みがある人は、髪の毛を伸ばしながらブローしましょう。

温風を上から当てて乾かすことで毛先に癖がでにくくなります。

乾かす時にロールブラシを使って毛先を内側に入れるのをイメージしながら乾かすのも爆発を抑えてくれます。

髪の根元が立ち上がらない人は、最初乾かす時に根元に風を当てるイメージで髪の毛を持ち上げ、根元を上にひっぱるイメージで乾かすようにするといいでしょう。

頭皮をマッサージするのも1日のルーティンに組み込むと簡単にできるでしょう。

頭皮をマッサージしてくれる道具は色々あるので、自分に合う物をチョイスして使うといいですね。

巻き髪をしっかりキープするためにするべき3つのポイント

キャバ嬢は毎日しっかりヘアメイクをしないといけない仕事です。

ボサボサの頭やセットしていない髪の毛では働けないんです。

綺麗な巻き髪を仕事終わりまでキープしたいキャバ嬢は、以下の3つの方法を試してみてください。

①下地のスタイリング剤を使用する

髪の毛を巻く前に巻き髪専用のスタイリング剤を使うといつもよりもカールの調子がよくなります。

熱に反応してカールするタイプのスタイリング剤を使えば、何度もコテで巻いたりして癖をつける必要がなくなりますし、スタイリング剤によっては髪の毛のダメージを補修する成分が配合されているものもあります。

髪の毛が細くて巻いてもすぐにカールがとれてしまう人は巻いた後にキープスプレーを使うのも良いでしょう。

キープスプレーは髪の毛の表面だけに塗布せず、内側にも満遍なく塗布することで崩れにくさが上がります。

気をつけてほしいのは、巻く前にヘアオイルを使ってしまう行動。

ヘアオイルをつけて乾いていない髪の毛をコテで巻いてしまうと、高音の熱と油で髪の毛が焼けてしまうのでダメージになります。

ヘアオイルはお風呂から出た後に髪の毛を乾かす時につけるといいでしょう。

  1. タオルドライ
  2. ヘアオイルをつける
  3. ドライヤーで髪の毛を乾かす
  4. 髪の毛を巻く

という工程で髪の手入れをすれば髪の毛を傷めず綺麗な巻き髪を作れます。

②髪の毛はしっかり乾かしてから巻く

髪の毛に水分が残っているとコテによって髪の毛の水分が蒸発してしまい、髪の毛が痛む原因になります。

ちゃんとお風呂から出た後はしっかりとブローして乾かしましょう。

髪の毛を痛まないように乾かすポイントは根元を持ち上げて乾かすことです。

髪の毛をブロッキングして、根元からしっかりと熱を与えることで毛先も乾きます。

毛先から熱を与えていると、根元が乾き始める頃には毛先には熱が当たりすぎていることになります。

熱の与えすぎも髪の毛の傷みになります。

髪の毛をしっかりタオルドライして、癖の出やすい前髪を乾かしてから全体の根元を乾かすようにしましょう。

巻く前に寝癖が残ったままの髪の毛は巻きにくいです。

ウォータースプレーなどを使って寝癖をリセットし、しっかりブローしてから巻くようにすると巻き髪も長持ちします。

③デジタルパーマをあらかじめかけておく

デジタルパーマは、通常のコールドパーマと違って縮毛矯正したことのある髪の毛にもかけることができます。

どうしてかけられるのかと言うと、薬剤と加熱ロッドを使って熱を加えた施術を行うからです。

コールドパーマは濡れている時に一番ウェーブやカールが出ますが、デジタルパーマは乾いた時に素の形に戻ろうとするので髪の癖が強い人でもしっかりとしたパーマをかける事ができます。

パーマがかかっている髪の毛をコテで巻けば、巻きがそれだけ取れにくくなります。

コテで巻いたカールが取れてもパーマとしてのカールは残っているので、梅雨の時でも巻き髪がとれにくいんです。

梅雨でも仕事が終わるまで崩れない巻き髪テクニック

毎日ヘアセットに行っている、お店にヘアメイクがいるというキャバ嬢もいると思いますが、最近は不景気なのもありヘアメイクがいないお店も増えてきています。

都内でセットしてもらうと3000円ほど取られてしまうのもあり、イベントでもない平日出勤の日は自分でセットしているキャバ嬢も多いと訊きます。

そんなキャバ嬢に、梅雨でも仕事が終わるまで崩れない巻き髪のテクニックを紹介したいと思います。

①ブロッキングする

ブロッキングとは髪の毛をブロックで小分けにする事を指します。

時間がないからと髪の毛を大きく巻いてしまうと、単調な巻きになるだけでなく髪の毛の生え方によっては癖がでてしまう原因になります。

ブロッキングをしっかりして髪の毛を小分けに細かく巻くことで、巻き髪の持ちはかなり変わってきます。

上の髪と下の髪という風に上下2つ位に分けて巻くだけでもクオリティが変わってきます。

注意すべきポイントはブロッキングの高さを左右対称に揃えるという事。

バラバラの高さでブロッキングしてしまうと、左右で巻き髪のバランスが変わってしまうので気をつけましょう。

②巻き直しをしない

巻き髪をするときのコテの温度は170度〜180度だといわれています。

170度で髪の毛に長時間熱を与えると髪の毛に傷みが出てしまうのは当然です。

高音であればあるほど癖のつよい髪の毛でも巻きやすくなりますが、それだけ髪の毛の痛みになるので、髪の毛を巻く時は何度も同じ所にコテで熱を与えないようにしましょう。

③髪の毛の毛先から巻こうとしない

初心者にありがちなコテの失敗は毛先から巻いてしまう事です。

先に毛先から熱を与えてしまうと髪の毛の流れが悪くなります。

髪の毛を巻く時は髪の毛を小分けにして一房とり、表面を滑らせるように髪の毛の中央部分からコテを入れるようにしましょう。

髪全体に熱を与える事で、毛先に変な癖を与えずに巻き髪を長持ちさせる事ができます。

巻く前の準備体操のようなものですね。

④髪の毛の中間から巻く

巻き髪も時代によって流行り廃りがあり、最近はキャバクラでもナチュラル路線のヘアメイクが流行りです。

毛先にベルサイユのようなぐるぐるなカールはやりすぎ感がでてしまうので、毛先からぐるぐると巻いてしまうのはそういう意味でもおススメしません。

髪の毛を巻く時は中間から巻くようにし、毛先は内側へ入るように意識しましょう。毛先にだけカールをつけるより中間から巻いた方がバランスの良い巻き髪になります。

⑤コテで入れた熱が引くまでそっとする

髪の毛には熱が冷める時に形状記憶するという性質があります。

巻いてすぐにカールを指でほぐしてしまうと、巻き髪がすぐにとれる原因になります。巻いた後は10秒ほどまって、それからほぐすようにするとちょうどいい巻き髪をキープする事ができます。

これからの時期は髪の毛の紫外線ケアも必須!

紫外線は晴れている時の方が多いように思えますが実はそうではありません。

実は、曇りの時も晴れている時と変わらず紫外線量は多いので、梅雨でもしっかりと紫外線対策をしなくてはいけないんです。

頭皮が日焼けしてしまうと、頭皮の角質が剥がれてフケになり、髪の毛の毛穴を油分とともに塞ぐ原因になります。

毛穴がふさがれてしまうと髪の毛の栄養が届きにくくなり、ダメージ髪は抜け毛の原因にもなるんです。

髪の毛自体は角化した細胞なので神経がありません。

そのため、ターンオーバーしない箇所なので傷んだ後でケアをしても髪の毛は元には戻せないと言われています。

髪の毛は日焼けするとメラニンという成分が分解されてしまうので、髪色が褪せると言われています。

紫外線で褪せたままの髪の毛は傷んで見え結果的に実年齢よりも老けて見えてしまうので、紫外線ダメージを最初から髪の毛に与えないようにするのがなによりも大事。

髪の毛の紫外線対策におススメなのは、髪用のUVケアスプレーやUVケア用のトリートメントなどを使ってこまめにケアする方法です。

そのほかには外を歩く時は帽子をかぶったり、UVカット機能のある傘を使用するのもいいでしょう。

最近は飲む日焼け止めサプリもたくさん販売されています。

夏に向けてそういうサプリを飲むのも美を保つためにはアリかもしれませんね。

まとめ

今回は、梅雨でも完璧なヘアメイクをする為にキャバ嬢に出来る事について紹介しました。

梅雨の時期は誰しも髪への悩みが出る時期です。

そのタイミングで綺麗な髪の毛を保っていれば、

波平
◯◯ちゃんって本当に髪の毛綺麗だね、触りたくなっちゃうよ〜

とお客さんをドキドキさせる事ができます。

  1. タンパク質をしっかりとる
  2. ちゃんとブロッキングしてブローする
  3. 日焼け対策をする

この3つを意識するだけでモテ髪をキープできます。

梅雨に向けて頑張っていきましょう!

マツケン
触りたくなるようなツヤのある髪の毛を嫌いな男はいない!髪の毛からいい香りがすると恋に落ちてしまうこともあるんやで!完璧なヘアメイクをめざして頑張ってみてな〜!  

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

現在自分のお店を持ちたい方も募集中です。詳しくはこちら

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在31歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る