キャバクラでセクハラばかりしてくるお客さんをうまく接客する方法

こんにちは。元キャバクラ店長のマツケンです。

僕がこの仕事をしていて、かなりの頻度で受けてきた相談の中に、お客さんからのセクハラ問題があります。

波平
姫子ちゃ〜ん、可愛いね〜、肌ぴちぴちだね〜、うぐふふふふふふ!ぐふふ!
姫子
コイツ、さっきから触ろうとしてきてめっちゃうざい!ムカつく!

基本的に、触られるのに抵抗があるから風俗じゃなくてキャバ嬢をしてる人が大半だと思うので、うざい!ムカつく!って気持ちは当然だと思います。

もうね、お触り禁止なのに、触ろうとする男がどう考えても悪いんです。

でも、それはさておきキャバクラは男からするとセクハラしたくなる場所です。

  1. お酒をたくさん呑むので、気が大きくなりやすい
  2. 可愛い女の子にちやほやしてもらえるので勘違いしやすい
  3. 好きになる・好みのタイプだとつい身体に触りたくなる

元キャバクラ店長をしていたからこそ言えるのは、夢をみてしまう男の心を捕まえてお金に変えるのが、キャバ嬢の仕事でもあります。

キャバ嬢を続ける以上、セクハラばかりしてくるお客さんの対応もなんとかするしかないです。

姫子
具体的にどうすればいいの?

僕はキャバ嬢ではないんで、実際に働いている皆さんの参考になるかは正直わかりませんし、人によってキャラクターがあると思うんで、セクハラをかわす上で絶対的な正解はないと思います。

ただ、男目線で考えた時にセクハラしにくいキャバ嬢についてなら答えられるので、セクハラ対策の参考にしてもらえたらと思って書きます。

マツケン
これだけはわかるんは、キャバクラでセクハラしようとする男はモテへん!この記事を読んだ男はほんま気をつけてや!

セクハラされた時に絶対してはいけない反応

セクハラされた時に、絶対してはいけない反応があります。

この反応をすると、「嫌がってないやん」って男は思います。

どんな反応か分かりますか?

それは、おどおどする事です。

波平
姫子ちゃ〜ん、可愛いね〜、お肌もぴちぴちだね〜、ふとももがツルツルで触ってると僕の息子が元気になってきちゃったな〜
姫子
あ…っえ、そ、そうですか…?あ、あの、えっと…おさわりはお店で禁止されてるからしちゃダメです…っ
波平
ん〜?お店ってことは、姫子ちゃんは嫌じゃないの?じゃあアフターで触っていい?おじさん我慢できないよ〜、姫子ちゃんだって実はまんざらじゃないでしょ?正直になっていいよ〜
姫子
アフターでって…も〜、無理です…っ(涙)やめてください……。

こんな感じの拒否の仕方は、セクハラするようなお客さんにとって、全然嫌がってる風に聞こえないんですよ。

姫子
えっ!断ってるのに!?
マツケン
せやで!むしろ、嫌も嫌も好きのうち、彼女はなかなか素直になれないんだな〜、俺が頑張ってぐいぐい押したらヤレるかも〜って思ってるかもしれへん!  

 

お客さんだし嫌ってなかなか強く言えないって思うかもしれませんが、嫌な事は嫌ってはっきり言っていいんです。

ただ、全力で拒否するのは最終手段にした方が良いです。

リビングのゴキブリを殺す勢いで、逃げ道塞いで全拒否すると正直言ってかなり空気が壊れますし、怒り出して暴言を吐かれたり最悪殴られたりといったトラブルに発展することもあります。

フリーにつける度にお客さんを怒らせるキャバ嬢だと、お店側もフリーの席につけるのを敬遠します。結果干されます。

ボコボコに拒絶する前に色々試せることはあるので、それを試してからでも遅くないです。

セクハラされないためにどうすればいい?

お客さんからセクハラされないために、どうすればいいのか。

1000パーセントの勢いで拒否する以外で考えてみました。

①その話題を盛り上げない

セクハラしてその場が盛り上がると、もっと盛り上げようと思ってお客さんはつまらないセクハラを繰り返します。

なんで、お客さんからセクハラされた時は、笑顔のままその話を流しましょう。

そもそも、男はキャバ嬢に面白さを求めてない事がほとんどです。

合コンで盛り上げ役ってモテないじゃないですか。

キャバ嬢にも同じ事が言えます。

姫子
え〜、でもお店の花子ちゃんは面白いけど人気あるよ?
マツケン
花子ちゃんが人気あるのは、面白いからじゃなくて、気さくだとか、気を張らずに済むとか、意外と気が利くとか、そもそもめっちゃ顔が可愛いとか、連絡がマメとかそういうギャップがあるからやったりするで。

少なくとも、面白いだけでは指名に繋がってないはずです。

なので、キャバ嬢にセクハラをするお客さんもセクハラの反応が薄い女の子なんだってわかれば、あなたにはあまり言わなくなります。

どうしてもセクハラしたければ、それを許容してくれる女の子を指名するはずです。

話の腰を毎回折るのは良くないですけど、セクハラの時だけ流すやり方はわりと有効です。

②セクハラし返す

キャバ嬢に「キャバ嬢なんてどうせ男とセックスしまくってんだろ〜」のような、答えにくい話を振ってくるお客さんには、

姫子
え〜、もーやだ〜!◯◯さんこそ何人彼女いるんですか〜?セックスなんてもう飽きたでしょ〜?

みたいに、逆にセクハラし返すのもありです。

そして、

姫子
◯◯さんってほんとセクハラ好きだよね〜?

って笑顔で言ってみるのも手段の一つです。

そもそも、セックスできればできるだけ偉いって思ってるお客さんだと、自分の発言が女の子から嫌われるセクハラだってわかっていなかったりします。

自分がセクハラしてるって事に気づけば、そういう事を言わなくなる人もいますし、そうでなくてもキャバ嬢から話を振り替えされると、結構得意げに話す人って多いです。

お客さんのモテ話をあとは聞いてるだけで、それなりに時間が稼げます。

③お客さんのトーンに合わせてセクハラをかわそう

セクハラでお触りしてくるお客さんのタイプは2種類。

  1. 触ってはいけないってわかってて触ろうとする
  2. 触ってはいけないってわかってなくて触ろうとする

基本的に、1のタイプのお客さんがほとんどです。

お店のルールでできない事を、自分のテクニックでできたらラッキーだと思ってるんです。

冗談っぽく触ろうとしてくる人の場合は、冗談っぽくかわしてください。何度もやろうとしてくるようなら、そこで初めてガチで注意してください。

冗談っぽくなく、なんか強引に本気で触ろうとしてくる人の場合は、声を荒げずに落ち着いたトーンで真面目に注意してください。

どちらにしても、キレてはダメです。

お触りを拒否されたお客さんが最初は怒鳴ってきたとしても、落ち着いたトーンで対応してください。

どんなに怒っていても、相手がずっと冷静だといずれそれが影響します。

それを情動感染といいます。

あくびがうつったり、眠そうにしてると眠くなったり、微笑まれると微笑み返してしまうのは、情動感染によるものが大きいんです。

それを利用するなら、怒鳴って相手を自分の思い通りにしようと思っている人に対して、怒鳴り返すやり方は得策じゃありません。

冷静に声を荒げずにノーを伝え続ける事で、相手の怒りも冷め最終的には落ち着いてくれます。

席を外してボーイを呼んだ方がいいセクハラレベルはどこから?

ボーイに言いに行って、対処してもらえるレベルのセクハラは、

  • 何度言ってもしつこく胸やお尻、太ももの内側をお触りしようとしてくる
  • キスしてこようとする
  • お客さんの体に触らせようとする
  • おさわりできないからと不機嫌・暴言をずっと吐く

あたりからだと思います。

なので、身体接触してこないし、暴言を吐くわけでもない口だけのセクハラ客の場合は、ぶっちゃけ耐えるしかないです。

下ネタの範疇だと思って乗り切ってください。

手や太ももを触ってくるセクハラ客も、まずはその手をぎゅっと握り返して自由に動かせないようにして対処してください。

キャバ嬢である以上、少しの下ネタも許せないっていうのはちょっと厳しいので、そこはお金の為に割り切りましょう。

セクハラしてはいけないレベルになればいい

男って犬とちょっと似てるところがあります。

犬は、家族の中で上下関係を作る生き物だと言われてますよね?

もとは狼なので、群社会でリーダーに従って生きてきた名残らしいですが、男も男社会で生きてきているので、人に対して上下関係を作りやすいというか、つい相手を上か下かで判断しがちなんです。

それは、男は狩猟、女は貝塚や木の実の採集をしてきた頃に遡って欲しいんですが、判断をミスするとマンモスにやられて殺される可能性もあった時代を経て、男は誰の意見に従うべきかという思考が本能として未だに残っているんだそうです。

なので、セクハラしていいキャバ嬢と、そういう事を求めてはいけないキャバ嬢を、自分の中で分けていたりする人はかなり多いです。

セクハラしていいキャバ嬢と、セクハラしてはいけないキャバ嬢。

それをどう分けているかというと結局、セクハラしなくても充分満足できるかどうかだと思います。

なので、最初はセクハラしようとしてきていたのに、最近してこなくなったお客さんがいるなら、あなたがセクハラされたくないと思っている事を学習し、セクハラをすることであなたを失いたくないと思わせる事に成功したから、あなたにセクハラしなくなってます。

つまり、他店のキャバ嬢や、フリーで遊びにいったお店のキャバ嬢には普通に今もセクハラしてます。

そもそも、本当にエッチなことがしたいなら、最初から風俗に行ってるんですよ。

そこで、風俗には行かずにキャバクラに行くってことは、即物的なエロは必ずしも求めてません。

じゃあなにを求めてるかというと、癒しであったり、駆け引きであったり、楽しさとか充実感、そして他のお客さんにはない特別感をあなたに求めてます。

だから、初回でキャバ嬢にセクハラをするお客さんって、料金分の元を取ろうとしてますし、指名でセクハラをしてくる場合は、確実に「セクハラしても許してくれるキャバ嬢」だと思われてます。

波平
姫子ちゃんに嫌われるのは嫌だから、セクハラするのはやめよう…

 

って思わせるレベルになれば、自ずとセクハラされなくなります。

まとめ

キャバ嬢なんだから、セクハラしてもいいでしょって思ってるお客さんはたくさんいます。

そして、それはキャバクラが普通の昼職よりも高額なお給料を貰ってる以上、ある程度まではキャバ嬢の仕事なのも事実です。

ただ、だからといってお客さんからのセクハラを許容しすぎると、それはいずれお触りになりますし、最終的に体を求められます。

なので、お互いの主導権を握ってセクハラしてこないお客さんに育てるのが、稼ぎたいキャバ嬢に求められている事だと思います。

しかし、どうしても耐えられないお客さんも中にはいます。

そういう場合は、席を外してボーイに助けてもらってください。

お客さんからのセクハラで、キャバ嬢を続けるのが嫌になるくらいならお店に助けてもらった方がいいです。

お店に助けてもらう方法以外だと、セクハラしてこないお客さんを増やして、セクハラしてくるお客さんを切っても困らない自分を作るのも重要です。

最後に、お店がお客さんのセクハラを許容したり、お触りを注意せずに煽るようならそこで働くのはやめましょう。

マツケン
姫リクが紹介してるお店はどこも優良店やから、安心してな〜

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在29歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る