口説きが面倒くさいキャバクラのお客様への対処法

こんにちは。元キャバクラ店長のマツケンです。

キャバクラで働いていると、お客様からの口説きに困っている女の子はかなりたくさんいます。

そして、そのようなお客様はかなり厄介なので、女の子も毛嫌いをしてしまいます。

姫子
口説いてくるお客様ってマジ面倒くさい…。

って思うのも仕方ありません。

今回は、そんな口説いてくるお客様を上手く対処して、さらには指名に変えるためにはどのようにすれば良いかについてまとめていきたいと思います。

まず「口説かれる」=困ると思わないこと

よく僕の元にも「お客様から口説かれて困っています。どうしたらよいですか?」と言った質問は届きます。

確かに、ねちっこい上にしつこいし面倒くさいから相手にもしたくない…。と言った気持ちになってしまうのも無理はありません。

しかし、逆の発想をしてみると「お客様から口説かれる=自分のためにたくさんお金を使ってもらえる」と考えてみてください。

困っている場合ではありませんし、むしろラッキーだと思いませんか?

面倒くさいお客様だからこそ、指名させることが出来ればあなたの売り上げは確実に上がりますよ。

口説くお客様の共通点

口説いてくるお客様にはいくつかの共通点があります。

【片っ端からキャバ嬢を口説いているタイプ】

このタイプのお客様は、あなただけではなく他のキャバ嬢や女の子も口説いていて、その中で反応の良い、もしくは嫌がらずに相手をしてくれる女の子を探しています。

要するに寂しがり屋のタイプで構ってほしいと思っている方がほとんどです。

【安上りに暇つぶしをしたいと思っているタイプ】

男性は少なからず、「キャバ嬢は美人で気遣いが出来て僕を喜ばせてくれる。」と思っている方もいらっしゃいます。

しかし、キャバ嬢はお仕事であなたに接しているだけなので、対価がなければ相手にすることはありません。

結局勘違いをしているタイプです。

【自分がモテるかを試しているタイプ】

キャバ嬢のようなおもてなしや気遣いの出来る女の子を相手にしているという自尊心の強いタイプの方です。

このタイプのお客様は、あなたにハマってくれれば長い付き合いが出来るタイプと言えるでしょう。

と言ったように口説いているお客様にもタイプが分かれています。

もちろんタイプ毎に対処することが出来るならそれが一番ですが、お客様も人間なので多種多様な方法で女の子を口説きにきます。

もし口説かれた場合に備えるための心がけ

そこで大切になってくるのが、決してお客様の言葉を鵜呑みにしないことです!

ただし、口説かれても逃げてはいけません。

口説こうとしているということはお客様からあなたに近づこうとしている証拠で、つまりチャンスなんです。

なので、逆にあなたからもガンガン近づいてみてください。

姫子
考えただけで面倒くさいわ…。

って思う子がほとんどで、指名の取り合いをするライバルはいません。

そういったお客様は敬遠されるため、むしろあなたが近づいていってみることでお客様の中で何らかの変化があるかもしれません。

面倒くさいお客様を指名で返すには

口説いてくる面倒くさいお客様は他の女の子からも敬遠されるため、女の子から質問されたりすることが実は少ないんです。

なので、一旦「お客様」のフィルターを外して「一人の男性」として彼のことを色々聞いて質問してみてください。

出身県の話題でも、好きな食べ物でも好みのタイプや趣味など、どんな話題でも良いので色々質問してみて彼のことを知り興味を持ってみてください。

そうするだけで相手は「あれ?この子は他の女の子と違うな…。」となってきます。

こう思わせれたら、むやみやたらあなたを口説くのではなく彼(お客様)は、真剣にあなたを落とそうと必死になります。

さて、ここまでの中で僕がこの記事で説明してきた内容のあることに気付いた女の子は勘が良いです。

そうです!口説きにくるお客様は色恋営業にハマりやすいんです。

お客様との想い出を武器にする

色恋営業にハマってくれたら、彼(お客様)と繋がりは保ちつつ信頼関係を築いていってください。

最初の頃の地元の話や趣味や食べ物の話だけではなく、彼(お客様)の人生観や価値観・人としての中身を見てあげながら一人の男性として接してあげてみてください。

ここまでなれば、同伴も出来るようになるのではないでしょうか?

しかし、現実としてあなたはキャバ嬢で相手はお客様なので、どうやっても彼(お客様)の恋は実りません。

お客様も一人の人間なので、キャバ嬢がのらりくらりとはぐらかしていると

波平
結局俺のことはどう思っているんだ!

と問い詰めにきてしまうこともあるでしょう。

なのにここで単純に「NO!」と断ってしまうのではなく、お客様の事情のせいにして断るのがポイントです。

例えば…

姫子
○○さんのことはとても好きだけど、私と一緒にいると○○さんの生活を苦しめてしまう…。

と言ったように、一緒になれないことをお客様のせいにします

そうすることによって、お客様に「俺がもう少しお金があれば付き合えたのに…。」や「俺がもう少し時間があったら付き合えたのに…。」という気持ちになってもらうためです。

そして、「俺は結局ダメだったんだ…。」とあなたの元を去って行きますが、決して引き留めないのがポイントです。

何故ならまたあなたの元に戻ってきてくれるからです。

というのも、口説こうとするお客様はまた別の女の子を口説きに行くが、あなたのように関わってくれる女の子がなかなかいないため、「やっぱりあいつが良かった。」と思います。

そして、あなたと色々な会話をしたり、共有していることを思い出すと「彼氏彼女のような関係でなくとも、あいつが一番俺に興味を持ってくれたし、理解してくれていた!」とあなたとまた繋がりを持ちたいために連絡をしてくれます。

知らず知らずのうちにあなたとの想い出がお客様にとって大切な物となっていることに気付いてあなたの元に帰ってきてくれれば、ここからは色恋営業をせずともお客様はあなたを指名してくれるようになるでしょう。

マツケン
いわゆる友営になったっちゅうことやな!

ここまで出来れば完璧ですが、そうじゃなくとも口説きにくるお客様がいれば、逆に手玉にとってやろうってくらいの気持ちで近づいてみてください。

失敗したとしても、あなたの経験となりますので次に生かせば良いんです。

まとめ

口説きが面倒くさいお客様というのは、キャバ嬢達から敬遠されがちなので、あえて他の子と逆のことをしてみるだけで、あなたの指名になる可能性は高くなります。

今回の記事をまとめると

  1. 口説いてくる面倒なお客様は逆に自分から近づいて行ってみる
  2. 口説いてくるお客様のタイプを見極めて色恋営業を掛けてみる
  3. 「お客様」ではなく「一人の男性」として興味を持ち、色々彼のことを質問して相手に興味を持つ
  4. 連絡を取り合ったり、お互いの共通点を見つけて二人の想い出(物でも感情でも良い)を増やしていく
  5. 彼(お客様)が問い詰めてきた時は、お客様の事情のせいになるような断り方をする

ここまで出来れば、あなたの口説いてくる面倒くさいお客様への対応は完璧に出来ていると言っても良いでしょう。

僕がこうして文章にして記事にまとめるのは簡単ですが、実際に実行するのはかなり時間と労力が必要なので、他のキャバ嬢はなかなか真似したがりません。

だからこそ、やってみる価値があるのです。

キャバ嬢の仕事は簡単で単純なものではないし、お客様と会話するだけで給料が貰えるなんて甘い世界ではありません。

高い給料を貰っている子達は面倒くさい地味な営業や作業を裏でコツコツ頑張っているんです。

もちろん失敗もたくさんしてきています。

でも、失敗してもキャバクラを訪れるお客様はたくさんいらっしゃるので、失敗を生かしてまた挑戦すれば良いんです。

一長一短でスキルが身に付くわけではありませんが、失敗を恐れずにどんなお客様にも挑戦してみることが大切です。

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在29歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る