意外と見落としがち?キャバクラで身近にいる人を指名客にするたった一つの方法

こんにちわ。元キャバクラ店長のマツケンです。

キャバ嬢の皆さんは、日々接客をし連絡先をゲットしたお客様に営業をして指名してもらうために日々頑張っていると思います。

しかし、お店で知り合った男性だけがお客様になるわけではなく、あなたの職場の近くにも指名客になりうる人達はたくさんいるのです。

それはズバリ同業者の方達です。

彼らは、同業者ゆえにキャバクラの仕組みもキャバ嬢の内情も理解しているため、上手く活用できればかなり美味しい指名客にすることが出来ます。

なので、頻繁にはお店に来てもらうことは出来ませんが、本当にピンチの時やお店の周年イベントの時などの切り札客として取っておくと何かと助かる存在です。

今回はそんな同業者の切り札客の作り方についてご紹介します。

切り札になりうる同業者とは?

キャバ嬢の皆さんは同業者というとどんな方を想像しますか?

姫子
ん~…他のお店のキャバ嬢とか?

もちろん他店の女の子も同じキャバ嬢なので同業者です。

しかし広い意味で同業者とは、あなたと同じ繁華街で働いている人全てを指します。

例えば、繁華街の入り口やキャバクラ案内所で働くスタッフさん達も平たく言えば同業者です。

更に言えば、繁華街にはたくさん飲食店が連なっていますよね?

あなたも同伴やアフターなどでお世話になっている飲食店やバーの従業員も同業者として括ります。

また、キャバ嬢の男版であるホストさん達や他のお店の黒服さん達も同業者です。

こういった同業者の方達を自分の指名客の切り札として取っておくということです。

今回はそんな同業者の中でも「案内所のスタッフさん達」を自分の指名客としてお店に来店させる方法をご紹介したいと思います。

しかし、彼らも仕事としてキャバ嬢達と同じ時間帯で働いているため中々営業時間内に来ることは出来ません。

だからこそ、いざと言う時のための切り札客となりえるのです。

同業者を指名客としてお店に来店させる方法

では、彼らのような同業者を指名客として来店させる方法についてですが、まずは顔見知りになることが大切です。

しかし、案内所のお兄さん達と話す機会って意外とありませんよね?

姫子
だって案内所に用事がないんだもの…。

おっしゃる通りです。

ですが、案内所にはたくさんのキャバクラの看板を掲げてあるので、場所によってはあなたが働いているお店の看板を掲げている案内所もあるかもしれません。

そして、自分が働いているお店の看板を掲げている案内所のお兄さんたちは、あなたが働いているキャバクラの代表やボーイさん達と顔見知りだったりします。

なので、あなたのお店の代表や黒服さん達が案内所に挨拶周りする際や、お店が終わった後に自分のお店の黒服さん達が案内所で会話していたりする中に、「お疲れ様です。」の一言でも良いし、コーヒーなどの差し入れをするのも良いでしょう。

そうして顔を覚えてもらい、まずは顔見知りになることが大切です。

例えば、案内所のお兄さんと自分のお店の黒服さんが仲が良い場合などは、飲みに行く際に自分のお店の女の子を誘うことがあります。

なぜなら、飲みの席に女の子がいるだけで華がありますし、キャバ嬢だったら普段の接客でお酒を作るのにも慣れていますし気も使えるため、重宝するからです。

女の子からすると「仕事じゃないのに~…。」って思うかもしれませんが、黒服さん達の話や案内所のお兄さんたちの話って結構仕事をする上で男性目線で話すから勉強になるんですよ。

そんな中であなたもさりげなく会話をし、あなたという女の子を印象付けます。

要は、半分プライベートに近い営業時間外での接客をしていると言った状態です。

姫子
時給も発生しないのになぁ…。

なんて思わず、話を聴いているだけでもすごく学ぶことが出来ますし、いずれあなたの指名として返って来るなら先行投資としてありではないでしょうか?

そして、あなたという人物を覚えてもらえれば、日々お店に出勤する際に挨拶程度の会話でも良いので、軽く会話が出来るような間柄になっているでしょう。

ここまでのやり方で、ある点に気付いた女の子は勘が良いです。

そうです。連絡先の交換は一切行っておりません

もちろん連絡先の交換が出来るならした方が良いですが、何しろ毎日顔を合わせる事が多いため、あまり営業する意味がありませんよね?

それよりも出勤する際に、少しでも良いので直接会話する方が効果的なんです。

自分のお店の男性スタッフや店長を上手く利用する

毎日顔を合わせていれば、自然と顔見知りにもなりますし親しくもなれます。

ここまでなれば、例えばお店の周年イベントがある際などに顔を出してもらうようにお願いすることも出来ます。

けれど、案内所のお兄さんも仕事中なので、あなたの働いているお店の黒服さんを良い意味で利用します。

姫子
○○さんが周年イベントに顔を出してくださるとうちのボーイの△△も喜ぶのでワンセットだけでも顔を出してください♡

と親しくなっていれば、このような直接的な営業でも良いんです。

なぜなら案内所のお兄さん達は、キャバ嬢の内情も知っているため一般のお客様よりキャバ嬢のことを理解しているからです。

ボーイさん達はお店の売り上げが上がるなら、女の子に良い意味で利用されるのは大歓迎なんです。

マツケン
ボーイさん達の場合は店の売上が上がれば自分の給料も上がることが多いんやで。 

普段は行くことが出来ないあなたのお店でも、黒服さんとも女の子とも知り合いだと店全体で行うイベントには、付き合いとして顔を出してもらえる場合が多いのです。

その時の指名を獲得するために案内所のお兄さん達と仲良くしておいて損はありません。

そして、お店に来た際にはキャバクラの内情を分かっていますので、誰かしら女の子を指名します。

その時に、顔見知りのキャバ嬢としてあなたが居れば必然的にあなたを指名するでしょう。

また、あなただけではなく顔見知りの黒服さんも一緒のテーブルに着かせるのも会話も盛り上がりますし、シャンパンの1本や2本は入れてくれることもあります。

女の子が頼むよりは、黒服さん達にシャンパンを入れてもらうようにお願いされた方が同業者の男性としては媚びている感じがしないので、シャンパンなどのお酒を入れてもらいやすいです。

しかし、指名はあなたなので売り上げやボトルバックはあなたに付きますが、結果お店の売り上げも上がるため女の子にとっても黒服さんにとっても美味しいんです。

つまり、あなたは出勤する度に軽く会話をし、たまにお店の黒服さん達と飲みに行ったという時間を費やしただけで、理解のある同業者の指名客が作れると思ったら楽ではないですか?

指名客として来店させる際の注意点

但し、案内所のお兄さんを指名として来店してもらう際には、それなりの注意点もあります。

まずは、案内所のお兄さん達も仕事の合間を縫って顔を出してくれているので、当日に言うのではなく前もって話しておくことが大切です。

また普段彼らは、キャバ嬢達と同じ時間に仕事をしているので、頻繁に「お店に来て~。」などと誘わないことです。

そして、いくら同業者とはいえお店の従業員ではないので、お店の内情をペラペラと喋ったり黒服さん達の悪口や愚痴を言うのもタブーです。

それから、イベントの時などにお店に来てくれた際には必ず何らかのお礼をしてあげましょう。

案内所のお兄さん達は、暑い日も寒い日も外に立って仕事をしていますので季節に合わせたものをプレゼントすると喜びますし、あなたの印象も更に良くなるでしょう。

そういった心遣いが出来る女の子は自然と、お客様の接客や営業にも繋がります。

だからこそ、お店の周年イベントのような店ぐるみのイベントの時は顔を出してくれるのです。

まとめ

今回は、同業者の中でも「案内所のお兄さん達」に焦点を充てて指名にするための方法をご紹介しましたが、あなただけのお客様というよりは、お店との付き合いの上でのお客様です。

しかし、指名は指名なのでまた何かのイベントの時のために、切り札として程よく親しい間柄を保ち続けるのをおススメします。

また「案内所のお兄さん」に限らず、あなたが普段同伴やアフターなどで使用している飲食店のスタッフやホストだってやり方は若干異なりますが、指名客としてお店に呼ぶ事は出来るんです。

あなたがキャバ嬢として働いている以上、同じ繁華街にいる男性はどんな人だって指名客にすることは出来ます

同業者なので、一般のお客様とは営業の仕方なども異なりますが、同業者の男性ならではのお話を聴くことも出来て勉強になりますし、仕事上で親しくなっておいて損はありません。

指名が取れるキャバ嬢は、一般のお客様だけでなく同業者の男性にもしっかりスポットを当てているものです。

ちょっと特殊にはなりますが、同業者の指名客を持っておいて損はないのでキャバ嬢として働いている以上広い視野を持っておくと良いでしょう。

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在29歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る