接客だけじゃない。指名が取れるキャバ嬢が勤務時間外で行っていること

こんにちは。元キャバクラ店長のマツケンです。

指名が取れてナンボのキャバクラの世界で、”どうしたら指名が取れるのか?”はキャバ嬢にとって永遠の課題です。

「毎日LINEをしているのに指名に繋がらない。」や「フリーで同じ人に付いたのに指名を取られた。」などなど…営業をしていてもなかなか指名に繋がらないキャバ嬢は沢山います。

マツケン
指名を取るのは簡単ではないんやで!

では、指名が取れているキャバ嬢がどうやって指名を獲得しているか?というと、色々やり方はありますが一つは電話営業です。

「電話なんて面倒くさい。」や「LINEで営業出来るのにわざわざ電話?」と思っている女の子、今すぐその考え方を改めましょう。

姫子
今どき電話なんて古いでしょ

なんて思っていたらもったいない。

今回は、そんな電話営業についてお話したいと思います。

電話営業をすることのメリット

では、電話営業が主にどういうメリットがあるかを説明しますね。

お客様が覚えてくれる

一番の理由はお客様が覚えてくれることです。

キャバクラや夜のお店ではお酒はつきものです。

お酒が入っているので、その時の会話の内容を覚えているお客様は少ないです。

例えば、フリーでキャバクラを3店舗も回っていれば、1セット60分としても女の子は1人20分程度で3人交代します。

それが3店舗となると9人の女の子と話していることになります。

波平
俺どんな子と会話したっけ?

というように、次の日にはほとんど覚えていないなんて普通にあります。

そこで使えるのがお礼の電話です。もちろん、LINEやメールでお礼するのも良いでしょう。

しかし、酔っ払っていて女の子もあまり覚えていないお客様にLINEやメールでお礼文送っても、お客様はあまり印象に残りません。

なぜかというと、フリーで初めてお会いしたお客様ですし、当たり障りのない無難なお礼メール・お礼LINEをする女の子がほとんどだからです。

そんな中、お礼の電話をしてみたらどうでしょう。

お客様からしたら、「この子はわざわざお礼の電話してくれた」と思いますよね。

そして、前日のお店での楽しかった話などをキャバ嬢が楽しそうにしてくれたらお客様はどう思うでしょう?

波平
俺のために時間を使って電話してくれたんだ!

キャバ嬢からの電話はお客様にとっては特別感に繋がります。

おまけに、お酒の入っていないシラフの時に電話しますので、他の女の子のLINEやメールより何倍もお客様の印象に残ります。

この時点で、他の女の子より一歩リードです。

ただ一つ注意点があり、「またお店に来てね!」などと言ったワードを使わないことです。

電話営業のNGワードについては下記に詳しく書いています。

予定や同伴を組みやすい

キャバ嬢に限らず営業のお仕事をしている方は、予定を煮詰める時にメールやLINEではなく電話をして直接リアルタイムで確認することが多いです。

というのも営業マンなどの場合、相手が都合を付けて時間を作ってくれているのにメールやLINEだけで済ませるのと、電話で予定の確認と「宜しくお願いします。」の一言を声で発するとでは、相手の印象はかなり違います。

自分が営業をされる相手の立場になって考えてみるとわかりやすいです。

メールやLINEだけで打ち合わせの日取りや内容のやり取りするよりも、電話で日取りや打ち合わせ内容を確認し合う方が、約束をすっぽかすこともほとんどないですし、直接声で会話していますので安心出来ますし信用されやすいんです。

これはキャバ嬢も同じです。

メールやLINEでやり取りをしていて、少しでもお客様が予定の話などをしてきたらチャンスです。

お客様に電話しても大丈夫な場合なら、すぐ電話しましょう。

お店に来るとは限らなくても、予定を聞けたら「もしかしたら会えるのかもって思って電話しちゃった。」などと言うと細かい予定を更に聞き出しやすくなります。

お客様は「キャバ嬢だし営業だよな。」って頭の片隅で思いつつも、やり取りをしている女の子から電話があると嬉しいものなのです。

ここでも、「お店」や「同伴」などと言ったワードはなるべく出さないようにしましょう。

まずは連絡先を交換すること

散々電話営業のメリットをお話してきましたが、肝心のお客様の連絡先が交換出来なければ本末転倒です。

なので、ここではお客様の連絡先を聞き出すテクニックをご紹介します。

連絡先を交換するタイミング

フリーで入店されたお客様に1人のキャバ嬢が付ける時間は約20分です。

なので、この20分間で連絡先を聞き出すことが必要です。

まず、席に着いたら名刺を渡す事は当たり前で、「どちらからいらっしゃったのですか?」や出身県の話題などを話して親密になったら、「良かったら○○さんともっとお話したいので連絡先を教えてください!」などと切り出しましょう。

もちろん電話番号(会社の携帯でもOK)を教えてもらうのが一番ですが、電話番号が無理ならLINEのIDでもメルアドでも良いです。

とにかくまずは、お客様との繋がりを持つことが大切です。

せっかくフリーのお客様の席に付けたチャンスを無駄にしないでください。

マツケン
付け回しでフリーに付けてくれたボーイさんのご厚意も無駄にしたらあかんで!

電話番号を教えてくれたお客様に必ず確認すること

電話番号を教えてくれたお客様は、少なからずとも「この子には教えても良いかな。」と思って連絡先を教えてくれています。

しかし、お客様はお仕事している方がほとんどですし、または所帯持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

なので、必ず電話しても大丈夫な時間帯を聞いておきましょう!

もし、電話番号ではなくLINEのIDやメルアドを教えてもらったとしても、やり取りしている中で電話番号を聞き出すことも出来ますし、やり取りの中で電話しても大丈夫な時間帯は必ず把握しておきましょう。

波平
この子は気が使える子だな♡

とお客様の好感度も上がります。

営業電話と思われてはいけない

姫子
ん?どういうこと?

ってなりますよね。

お客様は”キャバ嬢”ってだけで、「どうせ営業なんだろ。」と思っている方がほとんどです。

キャバ嬢もお店に来てもらってお金を使ってもらうのが仕事なのでもちろん営業です。

でも、指名が取れるキャバ嬢は営業を営業と思わせないようなメールやLINEや電話をしているのです。

営業電話で逆効果を与えてしまうパターンを回避するためには

せっかく連絡先も交換してやり取りもマメにしていたのに、電話をしたら失敗してしまった…。なんてことになったら今までの努力が水の泡です。

指名が取れない女の子に共通しているのが、「お店で待っている」や「同伴しよう」と言ったキャバ嬢の「THE営業」なやり取りをしていることが多いんです。

電話営業でも同じことが言えて、「この子の電話は営業する時しかしてこないんだな。」と思われてしまったらおしまいです。

これではお客様はあなたを指名しませんし、返信も返って来ないでしょう。

なので、マメに連絡取っているお客様には週に1回の5分程度で良いので電話をしましょう。

あまり長電話してしまうと、お客様は電話で満足してしまうのでキャバ嬢からしたら時間だけ使って損をしてしまいます。

例えば、お店に来てほしいならば「○○さんに会いたいから待っているね♡」や同伴したいならば「○○さんとデートしたいな♡」と言ったように、女の子からしたら営業ですが、お客様にとってはテンションの上がる言葉なんです。

男性からしたら、やり取りをしているということは少なからず、あなたのことが気になっている証拠です。

そんな子から「会いたい♡」や「デートしたい♡」などと言われれば、キャバ嬢だったとしても嬉しくないことはないのです。

ただ、「会いたい♡」や「デートしたい♡」と言ったら、「じゃぁ外で会おうよ。」と言ってくるお客様も少なくないので、ここからの駆け引きが難しいのです。

ですが、この駆け引きのパターンなども僕のブログを読んでもらえたら書いているので参考にしてみてください。

お客様との電話で会話に困らないためには

電話営業に慣れていないと「お客様との電話って何を話したら良いの?」ってなりますよね。

姫子
沈黙とか続いたら超気まずいから電話って苦手…

と思っている女の子は少なくありません。

しかし、考えてみてください。

あなたはキャバ嬢でお客様を接客しながら会話をすることがお仕事です。

初めてお会いした時は色々会話していたのではないですか?

それは、相手を知らないから色々聞こうと思って相手に興味を持っていたからです。

「沈黙が怖い。」や「話題が思いつかない。」は、あなたが営業と思ってやり取りをしているからです。

お客様と思わずに一人の男性として興味を持ってみてください。

お客様ではなく一人の男性として見てみると、今あなたとやり取りをしている男性の知らないところってたくさんありませんか?

自分から「お客様」というフィルターを一度取っ払ってみてください。

興味のあることや疑問に思うことが浮かんできませんか?

指名が取れる女の子は、お客様としてではなく一人の男性としてお客様に接しています

波平
客としてじゃなく一人の人間として見てくれている

と思ってもらえたら、お客様はキャバ嬢からの営業は営業と感じなくなるものです。

もちろん女の子からしたら営業でしかないのですが、いかにお客様をお客様と思わないかを実践してみてください。

まとめ

今回は電話営業についてのお話をしましたが、実践するのはなかなか難しいし、勇気も必要です。

しかし、場数を踏んでいくと要領を得てきます。

お店に着いてから電話をするのではなく、お店と全く関係ない時間帯で電話することに効果があります。

僕は、未経験でキャバ嬢になった女の子が電話営業をメインに営業した結果、半年でナンバー1に上り詰めた女の子やナンバー1にはならなくとも、売り上げが上がった女の子をたくさんみてきました。

どの子にも共通していたのは、お客様ではなく一人の男性(人間)として接していたことです。

お客様も一人の人間なので、お客様としてではなく一人の男性として接するように意識してみると電話営業も、メールやLINEの営業も変わってくるのではないでしょうか?

売り上げがあってこそのキャバ嬢です。

日頃の営業をしっかりと行って一人一人のお客様を大切にしていってくださいね。

 

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在29歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る