売れるキャバ嬢になるためのお客さんの育て方

13-10-09-937_640

こんにちは。マツケンです。

売れるキャバ嬢になるためには「お客さんを育てる」事が必要不可欠です。

育てると一言で言っても色々なタイプのお客さんがいますよね。
当然お客さんのタイプによって、育て方扱い方も変わってきます。

今日は

  • 指名が被って怒るお客さんの扱い方
  • お客さんの来店頻度の増やし方

の二本立てです。

売れるキャバ嬢になるためには、必要不可欠なテクニックですが、すぐに実践できる簡単な内容です。

是非参考にしてください。

 

指名が被って怒るお客さんの扱い方

指名が被ると席を抜けざる得ないですよね。
これはどうしようもない事ですが、怒るお客さんが度々います。

これは、指名キャストを独占したいという男心です。

  • 他の男性客への嫉妬心。
  • せっかくお金を払っているんだから、少しでも長く一緒にいたい。

この気持ちが抑えきれなくなっちゃって、そんな態度をとります。

「指名が被ってたら仕方ないじゃない」

「貴女だけが客じゃないの」

そう言っちゃいたい気持ちも十分にわかりますが
このタイプのお客さんは、それだけ指名キャストの事を気に入っている証拠なので、前向きに捉えて育てましょう。

 

ポイントのシステムを説明する

ポイントの説明をしている写真

ポイントが取れないと生活できないの

席を抜けて怒るお客さんは、実はキャバクラのルールを良くわかっていない事が多いです。
なのでポイントのシステムを教えることで、わかってもらえます。

同伴の時や、ゆっくり話せるときにキャバクラの給料システムの話をしましょう。
お金の話になった時に、さりげなく給料の話につなげると自然です。

※指名バックや同伴バックなど詳しく伝える必要はありません。

  1. キャバクラはポイント制で、ポイントを稼ぐことで時給があがり生活が成り立つ事。
  2. ポイントを稼げなかったら最低時給になり生活ができない事。
  3. できるなら他のお客さんの予定も断って、貴方だけのために時間を作りたいけど、それじゃあポイントが稼げなくてノルマも達成できない。

この三点を伝えます。

つまり「他のお客さんのポイントが必要なのよ!」ということを遠回しに伝えるわけです。
自分が他のお客さんの分までポイント貢献できない限り、独占するのが無理だと理解してくれます。

 

早めにコールしてもらう

行きたくなさそうにしている写真

「行きたくないけど行ってくるね」

独占欲の強いお客さんの時は、2分くらい早くコールしてもらうようにボーイさんにお願いしておきます。

一度目のコールはあえて無視します。
二度目本当のコールがあった時に「行きたくないけど行ってくるね」と席を立つようにします。

こうする事でお客さんは自分を一番に扱ってくれてる、特別扱いしてもらえてると感じ、他の席に行くことを怒らなくなります。
むしろ頑張ってポイント稼いで来いよ!と応援してくれます。

 

席に戻るときは嬉しそうに・・・・・

嬉しそうにもどっている様子の写真

一瞬お客さんの腕にしがみつこう

システムを理解して、貴女の事を応援したいと思っていても、中々自分の席に戻ってこない時はさみしいと感じたり不機嫌になることもあります。

なので、席に戻るときは嬉しそうに「やっともどれた~」といいながら、お客さんの腕に一瞬しがみついてください。

他のお客さんの目もあるので、一瞬で大丈夫です。

この一瞬のアクションで、お客さんの機嫌は直ります。

 

お客さんの来店頻度の増やし方

どんなお客さんでも、キャバクラで使えるお金や時間の許容範囲があります。

この許容範囲を超えて、お金を使わそうとしたり、無理な営業をかけると、お客さんが負担に感じ切れる原因になります。

けど、そのお客さんが他のキャバクラや風俗に使っている場合は、その分のお金や時間を自分にまわしてもらうとお客さんの負担にはなりませんよね。

他のキャバクラに行くことを辞めてもらうだけで、来店頻度が増えます。

お客さんを独占できるように、意識してアプローチをかけていきます。

 

具体的な会話の流れ

姫子
波平ちゃん、今でも他のキャバクラいったりしてるの?
波平
たまに行ってるよ~~~なんで~~??
姫子
そうなの。へ~
波平
急にどうしたの??
姫子
えっ・・・・そうなんだ・・・・。それはちょっと凹むな~。私がどうこう言える立場じゃないから、いいんだけど。
波平ちゃんは他のお客さんとは違うどこか特別な存在だから、他の子のとこには行ってほしくないってどこかで思ってるのかな?変なこと聞いちゃってごめんね。
ポイント
「他のキャバクラに行かないでほしい」とお願いするんじゃなくて、あくまで可愛くヤキモチをやいたフリをしてください。
お願いすると「じゃあ他のキャバクラには行ってない事にしよう」と思うお客さんが多いからです。

 

まとめ

  • 指名が被って怒るお客さんには、キャバクラのシステムを教える。
  • 他の店で飲むのを辞めさせるだけで来店頻度が上がります。お客さんを独占できるよう意識する。

 

>>次のページは
キャバ嬢がアフターで気を付けるべき4つの注意点と意味

 

himeriku_profilebanner

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在28歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る