元キャバクラ店長が語る水商売で失敗する人間の3つの特徴

こんにちは。マツケンです。

前回、水商売で成功する人間の特徴という記事を書きました。

今日はその逆で失敗する人間の特徴を3つサクッと書きます。短いです。

キャバ嬢や黒服に限らず、すべての人に当てはまるんじゃないかと思います。

 

1、お金を借りにくる人

僕はよく人から「お金貸してください」って言われます。(事業資金ではなく単なる生活費)

ある程度付き合いの長い人には、ダメとわかっていても貸しちゃいます。無利子です。

先日も貸しました。

お金を貸すとその人の人格というか人間性が顕著けんちょに現れます。

お金を借りにくる人間はこの2パターンです。

  1. 返済日を過ぎても連絡がなく、こちらから連絡して初めて返す人 ゴキブリ以下
  2. 「返済日に返せない」と事前連絡をしてきて遅れて返す人 ギリ人間

ちなみに返済日どおりキチンと返せる人間はまぁいません。1割もいません。

きっとそれができないだらしない性格だから、お金が無くなるんでしょう。

「お金貸してほしい」って言ってきてその後成功している人を、僕は今まで見たことがありません。

多分これからも見ないでしょう。

 

2、クレクレ君のくせに人には与えない

甘え上手な人に多いです。

先輩や上司、自分の目上の人に甘えて、何か自分にとって得になる事をしてもらう事が得意な人ってたまにいますよね。

一見するとコミュ力の高い人です。

けど自分が散々人から与えてもらいながら、いざ自分が本当に些細な事をお願いをされた時

「それって自分にも何かうま味を持たせてもらえますか?」

「自分のメリットはなんですか?」

とか、見返り求めてくる人。すべて台無し。

損得勘定なしで自分が与えてもらったにもかかわらず、自分がお願いされる側になると、ここぞとばかりに見返りを求めだす人。

ギブ&テイクの考えが一切ないというか、自分がしてもらった事を都合よく忘れる人。人の好意に甘えすぎている人。

こんな人とは絶対に一緒に仕事したくない。

もちろんギブとテイクのバランスが取れていることが前提です。

商売がうまくいっている人ほど、先に与えるし与え上手な人が多いです。

 

例:タイムカードの端数の時間に細かいキャバ嬢

キャバ嬢で例えるとこんな子です。

30分単位のお店の場合、例えば45分まで働いたら15分はお給料がつきませんよね。

この無給の15分間に対してものすごいクレームつけてくる子がたまにいます。

けどそういうキャバ嬢ほど時給をもらいながらタバコ休憩とかも、たまに行ってるわけなんですよ。

そういう自分が受けている利益を棚に上げて、15分の損だけ主張してくる子。

マツケン
もう本当きらい

 

3、衣食住のランクが極端に偏っている人

これは完全に僕の経験則に基づくデータなのですが、衣食住のランクというか水準が極端に偏っている人はズボラな人が多いです。

そりゃ、こだわる点は人それぞれですので、多少アンバランスになるのは当然です。

僕もファッションには興味ないですが、食べ物は大好きです。

けれど、それがすごい極端に偏っている人がたまにいるんですよ。

  1. お腹がふくれれば食べるものは何でもいい
  2. 住めれば家は何でもいい
  3. けど全身ブランドで固めないと気が済まない

こんな人。

 

  1. ボロボロの服をきる
  2. ボロボロの家に住む
  3. バックだけ高級ブランド

という風俗嬢もよくいますが同じです。こういう風俗嬢は40歳になっても貯金もなく風俗で働いていますよ(きめつけ)。

見た目ばかり気にしてタワーマンションに無理して住んで、肝心の間取りは1kで家具はニトリみたいな人も同じ。

こんな風にどこかアンバランスすぎな人。夜の世界では特に多いような気がします。

人の勝手なので、僕がとやかく言う問題ではありませんが、こういう人はあまり信用できない。

 

まとめ

  • お金にだらしない人
  • クレクレ君、けど与えない人
  • 衣食住が極端にアンバランスな人

思い当たる点があった人は治しましょう。

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在29歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る