キャバクラの体験入店の時にチェックすべき9つのポイント

taiken

こんにちは。マツケンです。

最近「いいお店はどこで判断できますか?」とよく質問を受けます。

正直、体験で自分にあっているお店、あっていないお店を判断するのは難しいです。

体験日に

「このお店なんか嫌だなー」

と感じても続けていくうちに

「私にはあってるかも!」

となることはよくあります。

その逆に体験日に働きやすいと思って入店したけど、体験では分からなかった嫌なところがどんどん見えることもあります。

実際のところは、ある程度働いてみないとお店の事はわからないのですが、わかる事も多いです。

今日は体験時に確認すべき点をご紹介します。

 

『体験』って言うけど、実際に何もわからないまま終わっていませんか?

お店にもよりますが、人気店は毎日何人も女の子が面接にきます。

そのせいもあって、システムの説明など淡々と進みます。

そして最後に「少しずつわかっていけばいいから!」みたいな感じで、女の子が理解していないのに働き始めることも少なくありません。

せっかく体験に行ってるので、必要最低限の情報は聞くようにしましょう。

 

保障時給はいくらですか?

保障時給とは?
キャバクラは通常指名本数や売上によって時給が変動します。
最初から指名や売上をあげることは難しいため『指名が0本でも○千円は時給を保障します』という制度です。

面接でここが曖昧にされることは珍しいですが、説明が無ければ聞きましょう。

保障はシフトや経験、容姿によって変動しますので、入店時のシフトは面接の段階でキチンと説明できるようにスケジュールを確認しておきましょう。

シフトは曜日固定できる方がいいんやで(^^)/

 

保障期間はどれくらいですか?

保障時給には、保障期間が定められています。

時給が保障されている間に、自分でお客さんを掴んで保障期間が切れたときは、自分で指名をとって自分の力で時給を上げてくださいね!というものです。

1か月間なのか、2ヶ月間なのか、あるいは永久なのか。重要です。

 

保障期間終了後、時給はどうなりますか?

例えば保障期間が切れて自分の指名が0本だった場合

  1. いきなり最低時給になるのか
  2. それともワンスライドずつ時給が段階的に下がるのか
  3. 査定で保障見直しになるのか

お店によって違います。

 

ノルマはありますか?

  • 同伴ノルマ
  • 本指ノルマ
  • 売上ノルマ

その他のノルマの有無、ノルマ未達成の場合のペナルティーも確認しましょう。

大抵の場合は、ノルマ猶予期間があります。あわせて確認しましょう。

 

早上がりはありますか?

長く働きたくても、働かせてもらえないお店は少なくなりません。

労働時間が短いと時給が高く見えても、給料は激減します。

自分が希望する労働時間が達成可能かどうか、確認しましょう。

 

黒服目線で考える『避けたほうがいいお店』

給料システムや待遇の面の確認は重要ですが、その他でチェックすべき点をご説明します。

おしぼりの質が悪い

おしぼり屋さんに注文すると、一つ一つ袋詰めに密封された状態でお店に届きます。

おしぼりって少し濡れていますよね。

少し長い間放置すると、蒸れて臭くなります。

臭いおしぼりが出てきたら、おしぼりの管理もできない、いい加減なお店の可能性が高いです。

マツケン
臭いおしぼりは論外ですが、格安チェーン居酒屋のようなペラペラのおしぼりも考え物ですよ(´-`)

 

掃除が適当なお店

大抵のお店はフロアはキレイですが、従業員にしか見えないバックヤードが汚いお店は多いです。

キッチリしているお店は、お客さんから見えないところもキレイに保とうと努力します。

 

クレジットカードの手数料を取っている

『クレジットカードでのお支払いは手数料として10%いただきます』

みたいなお店がたまにあります。

けどクレジットカード決済にお店が手数料をとってはいけないという決まりがあります。

この手数料をとること自体が契約違反なんです。

大抵のお客さんもその事を知っています。

だからお客さんの見られ方もめっちゃ悪いです。

それに経済的に裕福で社会的地位のあるお客さんほどカード払いが基本です。

そのお客さんを敵に回すようなお店はちょっと考え物です。

 

お金にルーズなお店

  • 今日はカード払いのお客さんが多かったから、日払いは1人○千円まで。
  • 今月のお給料日は○日後にずれます。

こんなお店は要注意です。

お金にルーズなお店は悪気なくても給料を間違って計算したり、辞めるときに何かと理由をつけて給料をキチンと支払わなかったりしますので
お金に対してキチンとしているかどうか見極めましょう。

お金に限らず、オープン時間に準備を終えていない時間にルーズなお店も色々といい加減なお店が多いです。

 

番外編:お店の価格帯を気にしましょう。

今の自分のお客さんが来てくれる料金かどうか重要です。

お客さんは良い恰好したがりなので、経済的に余裕のある風に見せて、実はギリギリのお客さんも多いはずです。

そんなお客さんでも今まで通り、お店に来てもらえる程度の価格帯を意識しましょう。

急に2倍も3倍もするお店に移ると想像以上にお客さんが切れちゃいますよ!

taxやドリンク代など、セット料金だけでは判断できないトータル金額を意識して考えましょう。

特に自分のお客さんを初めてのお店に営業をかけるとき、料金を聞かれる事も多いです。

そんな時「詳しいことはわからないの~」なんて回答は絶対ダメです。

お客さんに支払ってもらう金額すら把握できていないのに、営業するなんて常識的に考えて失礼です。

「セット料金は○○円で、いつもどおり2セットいたら、いくらくらいだと思うよ」と具体的に伝えてください。

 

まとめ

体験は貴女がお店を見るためのものですが、同時に貴女もお店の人から見られていることを忘れずに!

体験後に採用が取り消しになることも、まれにあります><

姫リク面談では、たくさんのお店を同時に比較いただけます。

結果的に自分にあったお店を早く見つけることができます。

お気軽にお問合せください(^^)

 

>>次のページは
キャバクラのボーイの仕事とは?黒服の業務を徹底解説!

 

himeriku_profilebanner

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在28歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る