全国のキャバ嬢ブログでPV数が日本一になりました【良記事まとめ】

こんにちは。マツケンです。

お陰様で姫リクブログは日本で1番見られているキャバ嬢ブログになりました。

読者の皆様、ブログ制作にご協力いただいた皆様、シェアしていただいた皆様、本当にありがとうございます。

9月はだいたい1日3500PVで、直近の1か月間のPV数は10万PVを超えています。
(2015.11月現在月間17万PV達成しました!)
(2016.7月現在月間25万PV達成しました!)
(2017.2月現在月間30万PV達成しました!)

姫リクよりもPV多いぞ!ってキャバ嬢ブログ運営している人いれば、連絡ください。
ビックリするスピードで日本2位に修正します^^

補足
PVとはページビューのことです。何ページ見られたか?を表しています。

ちなみに、こちらが証拠です。赤線がPV数です。
姫リクブログのPVグラフ

これを記念して、今日は僕が勝手に思う姫リクブログの良記事をまとめてみました。

自分がいいと思っている記事ほど、埋もれてたりするんです。

なので今日はそんな埋もれてしまってる僕のオススメの記事を少しだけご紹介させてください(^^)/

 

人見知りや口下手で自分に自信のないキャバ嬢初心者必見!

【キャバ嬢の会話】人見知りでも関係ない、貴女もキャバ嬢になろう!

めっちゃ初期に書いた記事なんですが、良い事言ってると思います。

「私ってキャバ嬢向いていない」

そう感じている人って結構多いんです。

10年以上夜の業界にいて、マツケンが感じた事。

キャバ嬢という仕事は向いてる向いてないとかそんな仕事ではないんです。

いや、実際には向いている子もいるかもしれない。

けどそんな子は、本当に一握り。

何千人も紹介してきた僕でも、この子キャバ嬢向いてるな~って心の底から感じた子は数人しか見たことありません。

ほとんどの人は向いてません。

「私キャバ嬢に向いてないんじゃないか」

そう感じた人には是非みてもらいたい記事。

【キャバ嬢の会話】人見知りでも関係ない、貴女もキャバ嬢になろう!

 

キャバクラの面接は平気で落ちますよ!けど凹む必要はありません!

キャバクラの面接で落ちても全く凹む必要はないその理由

不採用になっても凹む必要はないです。

逆に凹むってことは、十中八九受かるって自信があったってことでしょうか。

もしそうだったら、ごめんなさい、少々おこがましいですよ。

「面接で絶対に受かる!」ってどれだけ自分に価値があると思ってるんですか。

普通に考えてください。面接で落ちるのはごく自然な事です。

お昼の仕事もそうですよね、人気の職場ほど競争率は高いですよね。

キャバクラもそうです。

  • セット料金が高くて客層が良い
  • 高時給
  • ノルマがない
  • そんでもって流行ってる

そんな、お客さんからもキャバ嬢からも人気のお店は競争率高くて当たり前です。

なぜ落ちるのか、受かるためにはどうすればいいのかをキチンと理解しましょう。

理解することで、競争率の高い良いお店で働く手順が明らかになります。

この記事でそれがわかります。

キャバクラの面接で落ちても全く凹む必要はないその理由

 

場内指名を取るためには、まずフリー席につける回数を増やせ!

場内指名の取り方【テクニック不要】場内指名が自然と増える方法

水商売系のブログって結構どこも同じような事書いてるんですが、これに関しては姫リクだけがお伝えしている内容です。

姫リクブログでも、色々なテクニックをご紹介してきましたが、テクニック以前に重要な事もあります。

小手先の営業テクニックよりも、身内への見せ方が重要です。

特に

  • フリー客につく回数がすくない
  • ヘルプ席ばかりつかされる

そう悩んでいる人は絶対に見てください。

この記事に書いている事を実践することで、必ず状況は良い方向へ改善されていきますよ!

場内指名の取り方【テクニック不要】場内指名が自然と増える方法

 

店外デートをどうやったら上手に断れるのか、誘われるたびにストレスを感じてる人にオススメの記事

キャバクラの店外デートの誘いを指名につなげる会話術

「店外デート」でGoogleで一番にヒットしている記事なので、ある程度見てもらってる記事です。

これは悩んでいるキャバ嬢さん、めっちゃ多いですよね。

初見でスグに店外デートへ誘ってくるお客さんと、定期的に来てくれるお客さんと対応が違います。

  • 初見でスグに誘ってくるお客さんには、結構ズバッと言っちゃっう。
  • 定期的に来店してくれるお客さんには、アフターや同伴に持ち込む。嘘の設定も有効です。

どのように対応すればいいのか、具体的な会話例を用いて説明しています。

キャバクラの店外デートの誘いを指名につなげる会話術

 

キャバ嬢の永遠のテーマ、色恋?友達営業?どっちがいいの?って悩んでいる人にオススメの記事

色恋営業から友達営業へシフトさせる3つのポイント

キャバ嬢の永遠のテーマじゃないでしょうか?

個人的には一番内容の濃いイチオシの記事です。

いったん色恋で引っ張って、友達営業にシフトさせる。

口説き目的のお客さんを色恋で引っ張っても、口説けないってわかるとスグに切れますよね。

だから、いったん色恋でひっぱって、少しずつ口説き目的から違う目的へとシフトさせていきます。

この記事では、どのようにお客さんを変えていくかを具体的に解説しています。

これができると、優秀なキャバ嬢です。

色恋営業から友達営業へシフトさせる3つのポイント

 

Facebookで約5000「いいね」がついた姫リクブログで最も見られた記事

歌舞伎町のぼったくりの対処法を元キャバクラ店長が教えます

箸休めに見てください。

姫リクブログで一番見られた記事です。

歌舞伎町のぼったくりの対処法を元キャバクラ店長が教えます

 

まとめ

ちなみに、このブログは全部姫リクの社長である僕、マツケンが更新しています。

マツケンって誰やねん!って人は、是非プロフィール見てください(^^)/

マツケンってこんな人、マツケンのプロフィール

これからも更新頑張るので、たまに見に来てもらえると最高にうれしいです(*^-^*)

今後とも姫リクをよろしくお願いしますm(__)m

himeriku_profilebanner

お店探している人は、マツケンにラインください!

マツケンはキャバクラ紹介会社『姫リク』を運営しています。

関西、関東、名古屋に事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な店舗は1000店舗以上です。

好条件は当たり前、貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

姫リクオフィシャルサイトからでもマツケンラインに直接でも、どちらでもお待ちしております。

line223-291

姫リクオフィシャルサイト

姫リクライター

【海外】ハワイのキャバクラ求人なら姫リクにお任せ!ガッツリ稼げます!

ABOUTこの記事をかいた人

松本健二(マツケン)

ナイトワークの専門家。「姫リク」運営会社の社長で、歩くハローワークの異名をもつ。16歳から夜の業界に飛びこみ現在29歳。紹介業の経験はもちろん、キャバクラ店長としての勤務経験あり。チャラチャラした事が大嫌いで「普通のサラリーマンみたいな雰囲気ですね、安心しました」とよく言われます。マツケンに出会えてよかった!そう思っていただける事が最高の喜びです。
⇒詳しいプロフィールを見る